最近ではクレジットカード現金化を行う際、Amazonギフト券を利用する場合が非常に増えています。

信販会社のギフトカードに比べると換金率は劣りますが、クレジットカードで購入しやすく、ネット上で手続をすべて終わることができる利便性の高さも人気の一つです。

しかし、金券は利用期限があるケースがあります。この場合早めに利用しないと無駄になってしまいます。

無期限ではない!Amazonギフト券の有効期限とは

ではAmazonギフト券には期限があるのでしょうか。

残念ながら、Amazonギフト券には期限があります。
クレジットカード現金化で利用されるAmazonギフト券として多いのはEメールタイプのものですが、この有効期限は発行日から1年です。何か買うものが決まっていないと無駄になってしまうことがあります。

もっとも、Amazonの取り扱いアイテムは非常に多いため、使い道がないという事は少ないのではないかとも思われます。有効期限は1年なので、忘れてしまわないように気を付けることの方が大切ではないでしょうか。

しかし、Amazonギフト券はAmazonでしか利用できないという事はありません。
実は、Amazonギフト券は買取をしてくれる業者があります。Amazonギフト券の番号が買取対象であり、その番号が有効だと確認されれば入金されるのです。

期限切れになってしまったら、そのAmazonギフト券は意味がなくなります。少額のAmazonギフト券だとしても何か悔しいですよね。
Amazonギフト券は景品などとしてもらう機会が多いでしょう。そんなギフト券をもらったものの、すぐに利用する見込みかなければこのような買取業者に売却した方がいいでしょう。

改めて言うまでありませんが、期限切れになったAmazonギフト券はAmazonで利用できないばかりか、買取業者も買取をしてくれません。
Amazonギフト券には期限があることは覚えておくべきでしょう。

種類によって違う有効期限

1年とは短いなと思われる人も多いようですが、Amazonギフト券には種類があり、個人が買ったAmazonギフト券は有効期限が1年ですが、法人が購入したAmazonギフト券は有効期限が2年です。

この違いは、Amazonギフト券を購入した人が個人か法人かという違いですから、必ずしも利用する人が個人だからすべてのAmazonギフト券の期限が1年になるというわけではありません。
法人がクレジットカード現金化のために購入したものなら、そのAmazonギフト券の有効期限は2年です。

AmazonのWEBで購入できるAmazonギフト券は、Eメールタイプと言われるもので、有効期限は1年です。購入後にギフト券の番号をEメールで送付するものですが、クレジットカード現金化ではこのタイプのAmazonギフト券が主流になります。

Amazonギフト券は、自分で利用するためか、プレゼント用のものかで売却方法が分かれます。
自分用であれば、自分のアカウントに直接入れればいいのですが、他人へプレゼントする際には、何かの事情でメールが消去されることも考えられるため、何度か再送信することができるようになっています。このタイプを「再送可」と言います。
このタイプのAmazonギフト券は、そのまま買取業者に再送信すればいいでしょう。

これに対し、他人からプレゼントでもらったAmazonギフト券は再送信してもらうことはできません。必要であればプレゼントをしてくれた人にお願いするしかありません。ちなみにこのタイプを「再送不可」と言います。
このタイプをクレジットカードで購入することはありませんが、懸賞の商品でもらうAmazonギフト券はこのタイプです。買取業者にメールごと送信して売却することになります。

また、Amazonギフト券にはコンビニで発行するタイプの「シートタイプ」というものがあります。文字通り、コンビニの自動発券機でAmazonギフト券の番号が印刷されるものですが、現金でしか買うことができないためクレジットカード現金化には使えません。
このタイプのAmazonギフト券は有効期限が3年と非常に長いのが特徴です。現金でしか買えないというデメリットはありますが、自分のAmazonアカウントに登録すれば、支払に使えるので気軽にAmazonを利用できるメリットがあります。

クレジットカード現金化をする際に対象となるAmazonギフト券は、有効期限1年、法人名義のアカウントから発行されたら2年と考えておけばいいでしょう。

アカウントに登録しても期限切れになる

Amazonギフト券の有効期限は、商品を購入するのまでの期間です。
そのため、自分のアカウントに登録しても有効期限は進んでいくため、買い物をせずにいると期限切れになってしまいます。

Amazonギフト券の期限切れ間近になると慌ててしまいがちですが、先ほど申し上げた通りAmazonの品揃えはかなり多いので、特に意識しなくても買うものはあるでしょう。
アカウントに登録すればいいのではないかと思われがちですが、注意が必要です。

ただし、クレジットカード現金化という観点からAmazonギフト券を見れば、現金化したい日にAmazonギフト券を購入し、買取業者へ送ればいいのです。スマホ上で完結する話ですから、ずいぶんとお手軽です。
Amazonギフト券の買取率は最大でも93%程度と信販会社のギフトカードに比べると低いです。しかし、信販会社のギフト券は購入が面倒ですし、金券ショップに持ち込む必要もあります。仕事があるサラリーマンには難しいでしょう。

これに対し、Amazonギフト券ならお昼休みに会社などでクレジットカード現金化ができます。自分の手元ですべてが完了し、換金額は自分の銀行口座に振り込まれます。
消費者金融などの即日融資と同じ話であり、クレジットカードの引落日に預金残高が足りないという場合にはベストの方法でしょう。

クレジットカード現金化でもAmazonギフト券を利用すれば、消費者金融並みのスピーディーな資金調達が実現できます。もちろん審査はありませんから、確実な資金調達ができるという点で消費者金融より上手です。

Amazonギフト券には期限があるので、クレジットカード現金化の際には、購入後すぐに買取業者に再送信するといいでしょう。

Amazonギフト券は早めに使おう

このようにAmazonギフト券には期限があるので早く使う必要があります。

せっかく買ったりもらったりしたAmazonギフト券ですから、アカウントに登録すると同時に何かを購入したほうがいいでしょう。
早めに使うことがAmazonギフト券の有効利用につながります。

使う予定がなければ売却しよう

とはいえ、Amazonで買うものがないという人も少なくないでしょう。確かにAmazonの品揃えは並ではありません。しかし、それでも買い物をしない人に対してAmazonでギフト券を使った買い物をしようと言っても無駄遣いになりかねません。

せっかくのAmazonギフト券ですが、当面使う予定がなければ買取業者に売却したほうが賢明です。いつか使うかもしれないと取っておいても、期限切れになってしまったら意味がありません。

買取業者によっては最低500円から買取をしてくれるケースもありますから、早めの売却をお勧めします。もちろん振込手数料は買取業者が負担してくれますから、せっかく売っても振り込まれる金額が異常に少額になるようなことはありません。

なお、Amazonギフト券の買取業者はネット取引という事もあり、最初の取引の際には運転免許証などで身分確認をしています。その場合でもスピーディーに確認と振込をしてくれますが、急いでいるときにはイライラするかもしれません
Amazonギフト券をクレジットカード現金化の手段にして資金調達をしようかと計画するのであれば、一度少額のAmazonギフト券をお目当ての買取業者に売却して、身分確認等をしてもらえばいいでしょう。
一度売却をして、資金が振り込まれれば、その業者はAmazonギフト券を買取してくれる便利な業者であることがわかります。多額の資金調達をしたい場合に頼もしい助っ人となってくれるでしょう。

無駄がないAmazonギフト券

Amazonギフト券のメリットは何でしょうか。有効期限があるという点は、信販会社などのギフトカードに比べるとデメリットのような気がします。

しかし、Amazonギフト券は使い道が広いです。Amazonでしか使えないと言われればそれまでですが、Amazonには大手通販業者も入り込んでおり、価格競争も激化しています。つまり、お得な価格で買い物ができるのです。
そんなAmazonギフト券のメリットの一つに無駄がないという点が挙げられます。

Amazonギフト券の使い方は、自分のアカウントにAmazonギフト券を登録するというシンプルなものですが、一度登録すれば登録された合計額を自由に使うことができます。つまり、登録されたひとつひとつのAmazonギフト券ごとに使用する必要がないのです
これに対し、信販会社のギフトカードは、どれもおつりが出ません。ギフトカードだけ持って買い物をしても端数の対応ができず、まともな買い物ができないのです。差額はカード決済ということになるのでしょう。

一般的に流通している金券のほとんどはこのようにおつりが出ません。百貨店共通券はおつりが出ますが、このような金券は少数派です。
これに対し、Amazonギフト券のようにおつりが出るシステムになっているのは大きなメリットです。使い残したAmazonギフト券の残高は次回の買い物に使うことかできます。有効期限だけは気を付ける必要がありますが、うれしいポイントですね。

お釣りがでるAmazonギフト券

アンケートやキャンペーンなどに応募すると金券のプレゼントがあることが多いです。

ただ、金券のプレゼントとは嬉しいのですが、おつりが出ないと現金やクレジットカードで追加支払をすることになります。
追加払だけならいいのですが、案外このような際に無駄遣いをしてしまうことが多いのです。

信販会社のギフトカードを使うことができる店舗は案外少ないもので、近くのスーパーなどでは使えないことも多いです。結局、百貨店やショッピングセンターで買い物をすすることになりますが、ギフトカードがあるからとついつい気が大きくなるのです。
また、ギフトカードでおつりが出ないことから、同じ買い物でも高額商品に目が行きやすい点もデメリットと言えるのではないでしょうか。思いのほか高い買い物になってしまったと「楽しい後悔」をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

これに対し、Amazonギフト券を利用してもこのような無駄遣いが生じる余地は全くありません。
AmazonのWEBを思い浮かべていただければわかると思いますが、商品ごとにWEBが構成されているため、他の商品に目が向くことはありません。
おつりをもらうことができるかどうかを意識するまでなく、無駄のない買い物ができる点がAmazonギフト券の大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

このようにAmazonギフト券にはメリットがあり、買取店が成立する理由なのです。そして、人気があるからこそ流通経路が確保され、クレジットカード現金化の手段として利用することができるのです。

アカウント内でどう消化されるか?

Amazonギフト券は、アカウントに登録すると、買い物の都度順次消化されます。

利用者がすべきことは、Amazonギフト券を登録するだけです。番号の桁数が長いので入力すると面倒ですから、メールなどからはコピー&ペーストで対応した方がいいでしょう。
利用者は登録されたAmazonギフト券の存在をあまり意識する必要はありません。支払手続きの際にAmazonギフト券を利用するかどうかを確認してくるので、利用するならクリックすればいいのです。

Amazonギフト券はこのように使い勝手がいいので人気が高いです。また、Amazonギフト券はアマゾンでしか買えないものではありません。マッチングサイトなどで額面の95%程度で購入することができます。

大型電化製品を購入する際、価格比較サイトを見ると現金決済店舗が最安値ですが、Amazonもクレジットカード決済ができる店舗の中では安値を競っています。
しかし、Amazonギフト券を5%引きで購入すれば、現金決済店舗に迫る価格でAmazonでの購入が可能です。
現金決済店舗はアフターサービスに不安があったりするものですが、Amazonならそのような心配はいりません。

アカウント内に登録されたギフト券は誰がいくらで購入したかは関係なく利用できます。番号管理なので当然の話ですが、Amazonギフト券に人気が集まる理由はこんなところにもあります。

需要があれば供給も必要ですAmazonギフト券の買取業者はWEBで探せば数多くあります。クレジットカード現金化でもAmazonギフト券は大人気です。

期限に注意すればお得なAmazonギフト券

先ほど述べた通りAmazonギフト券には期限があります。この期限が過ぎると、例えアカウントに登録されていても利用することができなくなってしまいます。

WEBではAmazonのコールセンターに電話すると期限をちょっと延ばしてくれるような話も出ていますが、あまりあてにしない方がいいでしょう。
Amazonギフト券をマッチングサイトなどで購入した際には、有効期限の確認が必要です。

マッチングサイトで購入するとすぐに課金されるわけではなく、30分ほどの猶予期間があります。登録できればとりあえず使えることは間違いありませんが、期限を確認することは必須です。また、できれば購入はAmazonで支払をする際にしたほうがいいです。
このように期限があるAmazonギフト券なので、期限だけは注意する必要がありますが、その点だけを気を付ければAmazonギフト券をマッチングサイトなどで購入することはお勧めです。

ただし、クレジットカード現金化をする際にもマッチングサイトがお勧めかと言われれば一概にそうも言えません。マッチングサイトは落札されないと代金が自分の口座に入金されません。
マッチングサイトとは一種のオークションなので当然のことではありますが、急いでいる場合には直接買取をしてくれるAmazonギフト券買取業者に依頼する方がいいでしょう。あまりに急いで売ろうとすると安い値段で出品する必要があり、不利になります。

Amazonの品ぞろえは世界一

有効期限のデメリットがあるとはいえ、Amazonギフト券の利用価値が高い理由は、Amazonなら何でも買えるという信頼感ではないでしょうか。

CDやDVD、更には新刊本に至るまで、発売日にアマゾンを探せば、売り切れになった場合は別ですが購入可能です。また人気が高い商品は、販売力がある店舗に多くの商品が供給されますので、売り切れの可能性も他店舗より低めです。

もちろんこれは新商品に限りません。パソコンのパーツで近くの小売店にはないような部品もAmazonなら探せることが非常に多いです。Amazon自体は在庫として持っていなくても、秋葉原近辺で営業をしている店舗がAmazonにも登録しているのです。
他のネット通販業者も取扱商品は多いのですが、加盟店舗を前面に出すタイプの場合は商品を探そうと検索すると面倒なことが多いです。

これに対し、Amazonの場合は商品名で検索すると、商品別にWEBが管理されているためすぐに欲しい商品を探すことができます。
いろいろと見て回りたいという場合は別ですが、特定の商品が欲しくて検索するのであればアマゾンが一番探しやすいです。

先ほどから述べているようにAmazonの品ぞろえは一番充実していますから、Amazonギフト券を登録してほしいものはワンクリックで購入するのが一番合理的な買い物の方法です。
品ぞろえが充実しているというだけで十分利用価値があるのですが、それに加えて買い物代金を格安でできる方法があるのですから人気はさらに高くなります。

Amazonギフト券は使いやすいAmazonの利用価値をさらに上げていますが、それに貢献しているのがAmazonギフト券の流通であり、クレジットカード現金化においてAmazonギフト券が重宝されている理由です。

Amazonギフト券ってどうやって買うの?

Amazonギフト券はAmazonのサイトで買うんじゃないのと思っていた人も多いでしょうが、先ほど述べた通りもっと格安で買うことができます。Amazonギフト券は、額面より低めの金額で購入できるため、価格面で有利なAmazonの買い物がさらに有利になります。

どのくらい格安で買えるかは、買う日によりますから一概に言えませんが、大体95%程度と見込んでおけばいいでしょう。運が良ければもっと格安で買えます。ただし、有効期限ギリギリのものもありますから、利用する寸前の購入をお勧めしたのです。

ちなみにAmazonギフト券はコンビニでも買えます。コンビニで買うAmazonギフト券は有効期限が長いので自分のアカウントに登録しておけば、Amazonユーザーなら有効期限切れになることは少ないと思われます。
ただし、コンビニなどでAmazonギフト券を買う場合は現金でしか買えません。また、Amazonギフト券を買い取る業者でもコンビニで購入できるタイプのAmazonギフト券は買取率が低いことが多いです。つまりクレジットカード現金化には使えないのです。

Amazonギフト券はこのように購入ルートがいくつかあります。Amazonが望んでいるかどうかは別として、Amazonギフト券を格安で購入することができるルートがあることがAmazon利用者を増やしていると言っていいのではないでしょうか。

Amazonギフト券のマーケットは案外広いです。そのためクレジットカード現金化でもAmazonギフト券を使った資金化が可能になっています。

Amazonで買える

Amazonギフト券は言うまでなくAmazonで購入できます。発行元はAmazonしかありませんから、流通しているAmazonギフト券はAmazon謹製と言うことになります。

Amazonではギフト券を販売する際、基本的にEメールでギフト券の番号を通知する方法で販売しています。しかし、それだけでは味気ないのでメッセージをつけることができるようになっています。
とはいえ、メッセージをつけてもプレゼントとしてはもっと華やかな方がいいし、できればメッセージペーパーも欲しいという人のために印刷タイプのAmazonギフト券も準備されています。

いずれのタイプも結局はAmazonのアカウントに登録することで利用できるようになるわけですから、重要なのは番号だけです。

クレジットカード現金化という観点からすれば、売却時の手続がしやすく、買取店にとっても一番都合がいいEメールタイプが一番お勧めです。
ちなみに自分でAmazonに登録をするというのであれば、先ほど挙げたコンビニ発行のギフト券を利用するのがベストでしょう。

コンビニではプレゼント用にきれいに印刷されたタイプと、コンビニのプリンターで番号だけを発行したものがあり、3年間有効なものはコンビニのプリンターで発行したものです。シートタイプと言えばコンビニの人もわかるのではないでしょうか。

いずれにせよ、クレジットカード現金化をするにあたってはAmazonからAmazonギフト券購入する必要があります。
とはいえ、発行元からクレジットカード払いで金券を購入すると、新幹線の回数券同様に信販会社のチェックが入るのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。

しかし、Amazonギフト券は個人の方でも購入できますし、買う金額はマチマチです。プレゼントとして購入する場合もあるため、金額が大きいからと一概に不自然だと言われることはありません。新幹線回数券とは違うのです。

そのため、Amazonギフト券はクレジットカード現金化のツールとして使いやすいと言われています。換金率も9割以下になることはほとんどありませんから、割の悪いクレジットカード現金化ではありません。

コンビニで買える

Amazonギフト券は先ほど述べた通りコンビニでの購入も可能です。

コンビニで購入するメリットとして期限が長いということもあるのですが、ネットでAmazonギフト券を購入することに抵抗感を覚える人も少なくないようです。

Amazonでの買い物の都度、Amazonギフト券を購入することはないでしょうから、買う際にはある程度まとまった金額を購入するでしょう。しかし、Amazonギフト券は単なる数字の羅列であり、しかもそれがEメールで届くだけというと不安に思えるのです。
千円や二千円程度であればまだしも、1万円単位で購入する場合にはEメールのような不安定に思えるツールより、感熱紙であっても「紙の形」をしていたほうが安心できるわけです。

このあたりの感覚は人によって違いはありますが、確かに10万円単位の前払いをして、通知はメール一本だけというのは心配と言えば心配です。

そのような心配をしなくていい利点だけではなく、期限も伸びるので利用者にとっては都合がいいと言えるでしょう。コンビニでAmazonギフト券を買うと現金払いだから割が悪いように思えると言う人も多いようですが、メリットはあるのです。

マッチングサイトで格安で買える

Amazonギフト券はマッチングサイトと呼ばれるAmazonギフト券を取扱う業者が設置しているオークションでも買うことができます。買う際にはサイトに必要と思われる金額を振り込みをして、サイトをみて気に入ったAmazonギフト券を購入するのです。

とはいえ、Amazonギフト券は番号管理されていますから、どのギフト券を購入しても一緒です。あえて言えば有効期限の長短で差別化ができている程度ではないでしょうか。

マッチングサイトでAmazonギフト券を購入すると大体額面の95%程度で購入することができます。
Amazonで購入するものとして多いパターンはCDやゲームソフトなどでしょうが、大型家電製品や一眼レフカメラも結構安いです。金額的には家電量販店と競うような価格を提示しており、激安とはいかなくても損をしない程度の安値で購入可能です。

マッチングサイトで5%程度格安で購入することができれば、ただでさえ安いAmazonで更に格安で買うことができます。価格比較サイトで大型家電製品を購入する店舗を決めている人も多いでしょうが、やり方ひとつで更に格安ですることができます。

Amazonギフト券を個人的に購入するのであれば、マッチングサイトの利用が一番いいのではないでしょうか。

一度売ってみよう

ただし、マッチングサイトをお勧めできるのはアマゾンギフト券を買う場合だけであり、売る場合にはちょっと話が変わります。

マッチングサイトは自分が値付けをして販売することができるため、一見良心的に思えます。しかし、買う側にも選択権がありますから、自分より低価格で販売しようとしている人がいれば、そちらから早く売れていきます。
売りたいと言っても、買う人がいなければ売却できません。少しでも早く売りたければ安くするしかないのです。

先ほど述べたとおり、Amazonギフト券はどんなに装飾をしても、最終的には番号で管理されている前払金です。そのため、安いほうが早く売れていくのです。
そのため、Amazonギフト券を売る際には、買取の専門業者をお勧めしています。

ちなみにAmazonギフト券の買取専門業者は、オークションでの換金率より若干低めで買取をしていますが、換金額の振り込みは非常にスピーディーです。

Amazonギフト券は「時価」で売買されていますから、時価を知る手段としてはマッチングサイトを使うのはいいですが、早く売りたければ専門業者の方がいいのです。

先ほど買取業者が安全かどうかを判断するために、一度少額のAmazonギフト券を売ってみることをお勧めしました。一度自分でAmazonギフト券を売ったり、買ったりすることでAmazonギフト券の流通経路がわかるのではないでしょうか。

どうしてAmazonギフト券は人気があるの?

このようにAmazonギフト券は需要があり、買取業者も多いことからクレジットカード現金化においても有効な手段として使うことができることが分かります。

では、どうしてこんなに人気があるのでしょうか。
もちろん品ぞろえが豊富なAmazonで利用できるということが挙げられますが、単にそれだけではなく他の信販会社系ギフトカードと違い、おつりが出るように無駄が出ない利用ができたり、額面より格安で買える手段があったりすることが挙げられます。

特に無駄なく使えるという点はギフト券としてありがたい話であり、同様におつりが出るギフト券である百貨店共通券が信販会社ギフトカードより人気が高い点からもこのことはわかるはずです。
おつりが出るということは、事実上の通貨と同じ効果があることを意味しており、お金と同じ感覚で売買できるわけです。お金と同じ感覚で利用できるからこそ、買取業者などが存在できてクレジットカード現金化にも使うことができるわけです。

クレジットカード現金化をする際には、換金対象の商品がどれだけの換金率でお金になるのかが重要です。もちろん買取をしてくれなければ意味がないのですが、買い取ってくれたとしても換金率が低いと、割の悪いクレジットカード現金化になります。

その点、Amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化は、おつりが出る効果があるAmazonギフト券の売買なので人気があり、高めの換金率が期待できます。クレジットカード現金化の手段として有望だということができるのではないでしょうか。

種類が多い

Amazonギフト券は種類が多い点も特徴です。必ずしもすべての種類がクレジットカード現金化に適しているわけではなく、先ほど挙げたコンビニで購入できるシートタイプのAmazonギフト券はクレジットカードでは購入できないので対象外でしょう。
しかし、このようなタイプのAmazonギフト券も揃っているということで利用者が増加し、Amazonギフト券自体の人気を高めている点は見逃せません。

他のAmazonギフト券も自分でカラープリンターなどを使って印刷することでオリジナルプレゼントとして送ることもできるタイプもあります。紙のタイプでメッセージカードのように仕上げたものもあります。
Amazonのヘビーユーザーの方はAmazonプライムを申し込んでいる人も多いでしょう。Amazonプライムの申込がしてあれば、配送はスピーディーでかつ無料です。

クレジットカード現金化をする際にはEメールタイプしか使いませんから、他のタイプには目が向かないことも多いでしょう。しかし、他のタイプにどのようなものがあるかを知ると、Amazonギフト券の人気がどうして高いかわかります。
クレジットカード現金化をする際には対象とする金券などの人気にも注意をする必要がありますが、Amazonギフト券のように種類が多いものは相乗効果で人気が高まるものです。

Amazonギフト券はクレジットカード現金化の手段としてベストの方法だと言えるのです。安心してクレジットカード現金化の換金対象として使えます。

効率的なギフト商品にできる

このようにAmazonギフト券は、使い方ひとつでいろいろな利用方法があります。

小分けにして注文することで企業の広告宣伝用に利用することができます。最近は信販会社のギフト券の代わりにAmazonギフト券を贈ることもあるようです。
Amazonギフト券は信販会社のギフトカードより使い道が広く、いざとなったらもらった人も換金がしやすいので都合がいいのです。最近はAmazonの取扱品目がかなり増加しているため、使い勝手が向上しています。

接待用に使われることが多くなっていることは、企業のクレジットカード現金化にAmazonギフト券が使いやすくなっていることを意味しています。万が一信販会社などから照会があったとしても「贈答用」と言えば不自然さがないためです。
Amazonギフト券は利用シーンが信販会社系のギフトカードより広いので、信販会社もクレジットカード現金化ではないかと思ったとしても、さほど強く追及できないでしょう。クレジットカード現金化の手段としてはベストだと言えるのではないでしょうか。

Amazonギフト券がクレジットカード現金化の手段として有名になりつつあるのは、利用価値が広いことも一つの理由です。利用価値が広いことで自然と人気が集まり、余ったAmazonギフト券を売買する業者が出てきたのです。

このような換金業者があると、Amazonギフト券を格安で購入することができます。需要と供給が揃いますからクレジットカード現金化も可能になるのです。

Amazonギフト券バリアブルカードは利用価値が高い

AmazonでEメールタイプのAmazonギフト券を購入すると、金額を自由に設定することができます。これは、Amazonギフト券の利用方法がAmazonアカウントに登録するというものであり、額面にはさほど重要性がないことが理由です。

信販会社などのギフトカードは、カード自体が金券となっていますし、実際に支払に利用する際には額面金額だけの決済代金として受領し、取扱店舗は信販会社から額面金額を基礎にした入金が得られます。
しかし、Amazonギフト券はAmazon自体が販売する商品にしか適用されませんから、Amazonギフト券の額面金額を各人のアカウントに上乗せすれば足ります。アカウント自体に巨額の商品券が登録されたと考えればいいでしょう。

このようにAmazonギフト券はアカウントに登録することで残額が上乗せされる形式のギフト券です。そのため額面の設定はただ単にいくらAmazonに前払いをしたかという意味しか持ちません。
このような性格のAmazonギフト券なので、額面がいくらであろうが問題はありません。現実にはクレジットカード現金化で使われるEメールタイプのAmazonギフト券は上限が50万円となっていますが、技術的には100万でも登録できないことはありません。

今まではコンビニでこのような融通が利くカードがなかったのですが、コンビニ窓口で金額を指定することで利用することが可能なバリアブルカードができました。今後はコンビニ窓口でも融通が利くAmazonギフト券の購入が可能です。
このバリアブルカードはコンビニによってはクレジットカード払いもできるようです。しかし、バリアブルカードはEメールタイプより買取の際に手続などが面倒なのでクレジットカード現金化の手段としてはお勧めできません。

だからAmazonギフト券には需要がある

このようにAmazonギフト券には膨大な需要があります。その需要をさらに拡大させているのがAmazonギフト券の買取業者です。Amazonギフト券を買取業者で換金すれば、Amazonギフト券を欲しい人が使うことができるのです。

Amazonギフト券はAmazonという巨大なマーケットで利用できる通貨のようなものです。使える商品アイテムは食料品にまで広がっており、家計費の節約手段としてAmazonギフト券を安く買うことを考えている人もいるほどです。

また、Amazonは買い物をするだけではなく、お金を稼ぐ手段としても有名になりつつあります。
優れたタブレット型リーダーであるAmazonキンドルは電子書籍リーダーとして世界的なシェアを拡大させています。優秀な液晶画面は写真を美しく表現できますから、安価な写真集の出版も可能としています。

このようにAmazonギフト券はAmazonで使えるだけではなく、通貨としての役割も担い始めていると言っていいのではないでしょうか。
そんなAmazonギフト券をクレジットカード現金化の対象とすることは非常に理にかなったことと言っていいでしょう。信販会社のギフトカードに比べれば換金率が低いものの、確実に換金できて手間もかかりません。

Amazonの出番は拡大を続けとどまることを知りません。この巨大なマーケットで通貨としての役割を果たすAmazonギフト券はクレジットカード現金化の換金対象として最適と言っていいのではないでしょうか。

Amazonギフト券の通貨化

Amazonギフト券はこのように利用シーンが拡大しています。

Amazonの取扱品目だけで生活のほとんどを賄うことができるようになっているので、家計費節約をAmazonギフト券の格安購入により実現できないかという考えが出てくるのです。
実際に買い物をAmazonに集中化させれば、買い物代金が5%程度節約できるはずです。Amazonを家電製品やゲームソフトなどの購入にしか利用していない人も多いでしょうが、利用シーンは無限大に拡大しているのです。

Amazonは食料品やお酒も販売していますし、薬やコンタクトレンズなども販売しています。コンタクトレンズは、使い捨てのものを利用している人は、毎月の支払が多いはずなので、Amazonに変えることで絶対的な支払額を減らすことができるのではないでしょうか。
医薬品も常用薬をAmazonで購入すれば、同様に支払額を減らすことができるでしょう。

Amazonギフト券は単にAmazonで利用できるギフト券にすぎませんが、ここまで利用方法が拡大すると、通貨と同じような役割を与えていいのではないかと思えるほどです。

Amazonギフト券は現金と同じ価値を持つ

Amazonギフト券は先ほど述べたとおり換金可能です。ネット上でしか取引できないという性格があるため、どこの金券ショップでも換金してくれるわけではありませんが、ネット上で買取をしてくれるため換金方法は簡単といっていいでしょう。

Amazonギフト券の換金業者はネットで探せば数多くあります。換金率を狙うならマッチングサイトのほうがいいでしょうし、確実に早期の換金を望むなら直接買取をしてくれる換金業者のほうがいいでしょう。
どちらも一長一短あるのですが、マッチングサイトは実際に出品したAmazonギフト券を買ってくれる人がいないと換金できませんし、見かけ上の換金率が良くても手数料を後で差し引かれるので一概にお得とも言い難いのも事実です。

直接買取をしてくれる換金業者はマッチングサイトより換金率が低いことが多いです。
しかし、決まった換金率は厳守してくれますし、振込手数料を追加で徴収することもありません。見かけ上の換金率がそのまま実際の換金率になりますから、換金額の見通しが立ちやすいというメリットがあります。

クレジットカード現金化で資金調達をしたい人は、急いでお金を換金したいはずでしょう。そのような人はマッチングサイトでじっくりと待つことは現実的ではないはずです。
マッチングサイトで早く売りたければ換金率を下げればいいのでしょうが、それでは意味がないので、最初から直接買取をしてくれる換金業者を選んだほうが合理的でしょう。

クレジットカード現金化をするのであれば、マッチングサイトではなく直接買取をしてくれる換金業者にしたほうがいいのです。

信販会社のギフトカードは利用範囲が案外狭い

Amazonギフト券に比べて信販会社のギフトカードは利用範囲が案外狭いです。
信販会社のクレジットカードはどこででも使えるのにと思うのですが、JCBのクレジットカードが使えるからJCBギフトカードも使えるとは限らないようです。

もちろん百貨店などの買い物単価が高い店舗では利用できますから、百貨店に行く前に信販会社のギフトカードを購入する人は少なくないようです。しかし、街のスーパーで使えなければあまり意味がないでしょう。
また、先ほど述べた通り信販会社のギフトカードはお釣りが出ません。これはAmazonギフト券と比べると致命的なデメリットで、せっかく信販会社のギフトカードをもらっても使いにくいと思わせる原因です。

これに対し、Amazonギフト券はお釣りという概念こそないものの、使い切れない残高は有効期限内なら利用できます。もちろん利用の際には古いほうから使っていけば問題なく消化できます。

信販会社のギフトカードは「威厳」があるため換金率はいいのですが、実際にもらった人が本当にありがたいと思うのはAmazonギフト券ではないでしょうか。

流通経路が確保されている

Amazonギフト券も信販会社のギフトカードも流通経路が確保されています。しかし、信販会社のギフトカードを現金と同じ価値があるという人はいても通貨だと考える人はいません。

これに対し、利用範囲が広く、額面金額を無駄なく利用できるAmazonギフト券は通貨の代わりとして考えることができます。信販会社のギフトカードは単なる値引き券ですが、Amazonギフト券は支払額に直接充てることができるのです。
そして、そのような性格を持ったAmazonギフト券が専門の換金業者を通じて売買されている実態は、ただ単に金券ショップで買取をして再販売されているに過ぎないは信販会社のギフトカードとは違いがあります。

ネット上の通貨としてビットコインが一時期ブームになりましたが、元締めとなる組織がいい加減だったため日本では壊滅状態になりました。最近、三菱東京UFJ銀行が同様のビットコインを始めようとしていますが、道は険しそうです。

これに対し、Amazonギフト券は流通経路が整備されているだけではなく元締めが天下のAmazonなので取引をしていても安心感があります。信販会社の経営が危ないという気は毛頭ありませんが、どちらがより信頼できるかといえばAmazonでしょう。

クレジットカード現金化にも最適

このような性格を持つAmazonギフト券はクレジットカード現金化にも最適な換金対象になるでしょう。クレジットカード現金化は高い換金率と素早い換金の双方が求められますが、Amazonギフト券は双方とも満たす珍しい存在です。

換金率だけを考えるのであれば、信販会社のギフトカードの方が有利です。しかし、素早い換金ができるかと言えば疑問符が付きます。なぜなら、信販会社のギフトカードをクレジットカードで買おうとする場合、店舗が限られるためです。
また、多くの信販会社はギフトカードを信販会社からの通販とし、更に申込から1週間程度たたないと送りません。スピーディーな換金とは縁遠いのではないでしょうか。

これに対し、Amazonギフト券はクレジットカード現金化に適した 9割を超える換金率とスピーディーな換金で急いで資金調達が必要な緊急事態に対応できます。
Amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化は、現在考えられる最適な換金手段ではないでしょうか。

誰しもお金が潤沢にあるわけではありません。クレジットカードの締日を分散し、少しでも支払日を遅らせることで資金は流出しにくくなりますが、永遠に支払が繰り延べられるわけではありません。
Amazonギフト券によるクレジットカード現金化はそんな人たちにとって命綱と言っていいかもしれません。

まとめ

Amazonギフト券の使途は無限大です。利用できるのはAmazonの中だけですが、Amazon自体が拡大しているので使い道が大きくなっているのです。

Amazonが食料品販売に乗り出したのはご存知でしょうが、生鮮食料品も得意の配送網で宅配の対象としています。試験的にドローンを使った配送も行っているため、スーパー顔負けの配送を可能にするでしょう。

このようにAmazonの利用シーンはどんどんと拡大しています。同時にAmazonギフト券も利用範囲が急拡大しています。当然需要も拡大しますから供給の拡大も期待されるでしょう。
Amazonギフト券の買取業者は、拡大するAmazonギフト券の需要を満たすために供給をしています。そして、そのことはクレジットカード現金化をするために絶好の条件が整っていることを意味しているのです。

手軽に実現できるAmazonギフト券を利用したクレジットカード現金化は、資金不足の際に最も頼りになるといっていいでしょう。