amazonギフト券買取は、クレジットカードで購入したamazonギフト券をamazonギフト券買取店に買い取ってもらう資金調達方法です。

そのため、使用するクレジットカードの選択により、最終的に購入したamazonギフト券の支払がスムーズにできるかどうかが分かれます。

選択がうまくできていれば、支払までの期間を最大限に延ばすことも可能ですが、できていないと驚くほど速く請求が来て慌てることになります。

最悪の場合、支払ができないことになるため、amazonギフト券買取で利用するクレジットカード選びは重要なのです。

締日と支払日のバランス

クレジットカードを利用すると、締日までの利用に対して請求がされます。

あまり締日を意識していない人が多いようですが、いつ買ったかも覚えていないほど昔の請求があったり、逆につい最近の利用がもう請求がされているとびっくりしたりすることもあるでしょう。

締日は1カ月に一度なので、締日直後に買い物をすれば、支払日までの期間は長くなります。
逆に締日直前に買い物をすれば、支払日までの期間はずいぶん短く感じるでしょう。

締日から締日までの期間は1カ月なので、感覚的にずいぶん差があると思われるのではないでしょうか。

また、支払日は締日から1カ月前後でされます。
セゾンカードのように長いケースでは1カ月以上ですし、JCBやMUFGのような老舗の信販会社は25日程度と1カ月を下回ります。

この期間が長いほど、カードを利用してから支払日まで余裕があります。

amazonギフト券買取をamazonギフト券買取店に依頼する場合、amazonギフト券の支払は遅いほうがいいのは当然でしょう。

たいていamazonギフト券買取は資金調達が目的なので、購入金額は10万円単位です。
事業用の資金調達なら100万円単位になることもあるでしょう。

これほどの金額を何枚かのクレジットカードで支払おうとすると、それなりに支払計画が必要ですが、支払日までの期間が長ければ計画が立てやすいはずです。

つまり、amazonギフト券買取によるamazonギフト券現金化は、できるだけクレジットカードの締日直後にしたほうがいいのです。

クレジットカード決済の仕組み

クレジットカードの決済方法は、加盟店がスキャンしたクレジットカード情報と利用金額を信販会社に送信し、信販会社が許可を出したら決済ができるというものです。

つまり、信販会社は加盟店と金額しか知らされないのです。

しかし、この2つの情報があれば信販会社は、どのクレジットカードに対していくら請求をすればいいか確定できますから問題はありません。
クレジットカードの本質は、買い物代金の立替であることから考えると、別に不思議なことではないのです。

また、信販会社に送信された情報は、毎月1回集計しますが、集計をするためにはどこかで区切りをつける必要があります。
この区切りの日のことを締日と呼んでいます。
締日までに到来した買い物情報が集計されて、顧客に対して請求されるわけです。

年配の方はご存知でしょうが、昔はクレジットカードで買い物をすると、カードの上に複写式の伝票を置き、大きな機械でカードを転写していました。

クレジットカードの番号部分などは浮き出しの状態になっているカードが多いのですが、このような浮き出しがないと複写できなかったのです。
この伝票を信販会社に郵送していたのですが、締日までに到着しない伝票は翌月処理にされていました。

現在は、このような郵送による伝票処理をしている加盟店は皆無でしょう。
amazonギフト券買取で購入したamazonギフト券の購入データは即時に信販会社に送信され、締日までに購入したデータはしっかりと次の請求日に請求されます。

もちろんその際、amazonギフト券を買ったというデータは信販会社に送信されません。

締日と支払日を知っていますか?

クレジットカードごとに締日は違います。15日と月末が多いのですが、イオンカードのような10日締日というカードもありますし、トヨタカードのように20日締日というカードもあります。

他にも5日締日も多いです。
ちょっと変わった締日としては、エポスカードの27日というケースもあります。

この締日に対して、支払日が設定されます。
たいてい、締日の1か月程度後ですが、先ほど述べた通り長いカードもあれば短いカードもあります。

自分の持っているクレジットカードの締日と支払日を知っていない人が多いようですが、締日直後の買い物は支払日までの期間が長くなるし、逆なら短いです。
ボーナスの日などから逆算して、いつからなら買い物をしても大丈夫だという目安を立てることも可能でしょう。

ボーナスはまだ先だからと安易にリボ払いにしてしまう人も多いようですが、リボ払いは支払が先延ばしになり、いい気になって使いすぎる危険性があります。
それより、締日と支払日から逆算して、リボ払いを使わなくても支払ができる日を逆算することでお得な買い物ができます。

amazonギフト券買取によりamazonギフト券現金化をする際も同様であり、締日直後にamazonギフト券を購入すれば、2か月程度の支払猶予期間がありますが、締日直前に買ってしまうと1か月程度で支払日が到来してしまうのです。

ちょっとの差が1か月の差になる

このように締日を知っているか知らないかによって、支払日が一気に1か月変わります。

毎月の生活費であれば、給料などの範囲内で吸収できる差でしょうが、amazonギフト券買取によるamazonギフト券現金化は、金額が大きいのでダメージが大きくなります。

クレジットカードでamazonギフト券を購入している以上、支払日には確実に支払をすること鉄則です。
クレジットカードの請求通りに支払をしても、支払日から遅れると信用情報に登録されます。毎月登録されるこのデータは、最低2年間消えないので今後のクレジットカードの新規申込や更新の際に障害になります。

また、クレジットカードは審査に通ればいいというものではなく、amazonギフト券現金化のように多額の購入をする際には利用限度額が少なければ意味がありません。
ゴールドカードのように100万円という限度額は望めないとしても、せめて50万円程度の限度額がないと、amazonギフト券買取に利用するamazonギフト券購入は難しいのではないかと思われます。

案外自分の信用情報に気を使っていない人が多いようですが、自分の信用情報は自分の財産です。

先ほど述べたとおり、支払遅延情報は最低2年間残ります。
言い方を変えれば、2年間かけて作り上げるのが信用情報なのです。

このような自分の信用情報を維持しつつ、amazonギフト券買取により、amazonギフト券現金化を行うためには、支払日をちょっとでも遅らせて、支払が無理なくできるようにすることが鉄則なのです。

1か月で1割アップはきつい

amazonギフト券買取をすると、条件にもよりますが、大体amazonギフト券額面の9割程度で買取をしてくれます。逆算すると、大体調達したい資金の1割増し程度のamazonギフト券を購入すればいいことになります。

言い方を変えると、調達した資金の1割増しの金額が信販会社から請求されるのです。
1割という金額がどの程度がすぐにわからないかもしれませんが、10万円であれば1万円、50万円であれば5万円です。

Amazonギフト券買取によりどんな目的で資金調達をしたいのかは人それぞれでしょうが、給与収入で生活している人にとって、調達した金額の1割を追加で支払ことはちょっと負担が大きいでしょう。
この負担増の部分を1か月で挽回することは無理があります。

給与をいくらもらっているかということにも左右されるでしょうが、1回の給与から自分の生活費を節約して資金をねん出することを考えると、2回の給料に分散したほうが絶対有利です。

amazonギフト券買取によるamazonギフト券現金化は、他の方法によるクレジットカード現金化に比べるとやり方が簡単であり、かつ換金率も高めです。
しかし、それでも1割という金額を追加で支払わなければいけないのですから、できる限り支払期限を先送りすることは必須です。

なお、この際にリボ払いにすればいいではないかと言われるかもしれませんが、リボ払いには手数料が必要です。
最初に1割アップで支払をしているのに、追加で年利15%程度の手数料を追加支払いするのは現実的ではないでしょう。

どうしても支払ができない場合は仕方ないとしても、できる限り自己資金で請求日に支払をすることが鉄則です。

資金不足はいつですか?

締日直後にamazonギフト券を購入することがamazonギフト券買取をするにあたり有利であることはお分かりいただけたのではないでしょうか。

しかし、資金不足はクレジットカードの締日に合わせてくれません。
締日は1か月に一度なので、そこまで都合よく資金不足のタイミングが到来することはありません。

ただし、資金不足になりそうな時期がわかっていれば、その時期に合わせたクレジットカートを準備することで、効率的なamazonギフト券買取を実行することができます。

なお、新しく申し込んだクレジットカードは定期的に利用することが大切です。
申し込んだまま利用しないと信販会社では「休眠カード」として取り扱われることが多いです。

資金不足の際に、今まで利用したこともないカードでいきなりamazonギフト券を10万円単位で購入すれば信販会社もおかしいと思うはずです。
信販会社には利用金額しかデータとして届かないため、不審に思われると本人確認とともに何を購入したか聞かれます。このインタビュー内容は後で購入した店舗に再照会される可能性があるため嘘は厳禁です。

amazonギフト券を購入したと言っても、実際にクレジットカードでamazonギフト券を購入する人は多いので、ギフト用だというような説明をしておけば十分です。
とはいえ、こんなことにならない方がいいため、毎月少額ずつでも利用し続けることが大切です。

クレジットカードの締日は信販会社によってバラバラです。自分の資金不足に合わせた締日のクレジットカードを持つことで、amazonギフト券買取を効率的にすることができます。

自営業者の資金繰りの谷間

自営業者には、資金繰りの谷間があります。
支払日と取引先からの入金日の間は資金繰りが厳しくなります。

資金繰り表を作り、毎月のように綱渡りのような資金繰りを強いられていることも少なくないのですが、この時期に締日が到来するクレジットカードを作っておくと、資金繰りの谷間に緊急の支出が発生しても対応できます。

自営業者の場合、資金不足の金額は10万円単位とはいえ、その金額は100万円に近いでしょう。
ただし、このような多額のamazonギフト券を1枚のクレジットカードで購入することは無理があります。

先ほど休眠カードをいきなり利用すると信販会社から連絡があると述べましたが、あまりに多額の買い物をしても同様に連絡があります。
通常月の利用額にもよりますが、100万円程度の買い物をすると連絡があることが多いです。

信販会社も盗難カードによる不正利用がないかをかなり警戒しているのです。
そのため多額の利用を簡単に容認できない事情がある点は知っておくべきでしょう。

ゴールドカード利用者の中には、利用限度額が100万以上の方も少なくありません。しかし、だからと言って100万円のamazonギフト券を一気に買うのは無理があるのです。

面倒ではありますが、同じ締日で違う信販会社が発行しているクレジットカードを利用することをお勧めします。

サラリーマンの給料日前

サラリーマンの方であっても資金不足の時期はあります。

しかし自営業者とはちょっと異なります。
サラリーマンの方は、給料日前にちょっとお金が足りないという場合が多いのです。

このような場合でもamazonギフト券買取によるamazonギフト券現金化は大きな効果があります。

ただし一つだけ注意点があります。

amazonギフト券買取店の多くは、少額のamazonギフト券を買い取る際、amazonギフト券買取率を落とします。効率が悪いためです。
そのため、最低5万円程度のamazonギフト券買取をしてもらう必要があります。

ただし、amazonギフト券買取額が多くなったとはいえ、無駄遣いは厳禁です。
あくまでもamazonギフト券換金率を上げるための手法であり、無駄遣いをするための資金ではありせん。

サラリーマンの方の場合、給料日前1週間程度の期間が「お金がない」と悩む期間ではないでしょうか。
支払をクレジットカード払いにできるコンビニなどで食料品を購入し、できるだけ現金を使わない生活をすればいいのですが、限度があります。

給料日前とはいえ、付き合いを極力悪くすることは、詩文の将来にマイナスかもしれません。
給料日前1週間付近に締日が来るクレジットカードは、amazonギフト券買取に効果があるだけではなく、苦しい時に生活費をクレジットカードで支払う際にも支払の繰延効果が大きくなり効果が大きいです。

サラリーマンの方は、amazonギフト券買取以外の理由でもクレジットカードの締日に気を遣うことで、有利な生活ができるようになるでしょう。

ボーナス間近が一番きつい

サラリーマンの方が資金繰りに苦しむ時期としてボーナス間近が挙げられます。

会社によってはボーナス支給がほぼ確実に期待できることも少なくありません。
そんな人にとって、ボーナス間近にクレジットカードの引落日が到来すると、リボ払いで逃げたくなるものです。

しかし、先ほど説明したとおり、リボ払いは支払の長期化と支払額が少ないため買い物依存症になってしまいがちです。
そのような危険性を回避するために、amazonギフト券買取店を利用したamazonギフト券現金化は魅力がいっぱいです。

ボーナスの日は大体決まっているでしょうから、その日の直前に締日が到来するようなクレジットカードを申し込んでおけば、ボーナス前の買い物も余裕をもってすることができます。
信販会社によってはボーナス一括払いという支払方法を選択可能なことも多いのですが、肝心な店舗側が応じてくれないことが多いです。

ボーナス一括払いは、支払日が繰延される利点はありますが、信販会社の加盟店からすると、手数料支払を信販会社から求められるため、あまりメリットがないのです。
百貨店や高額商品を取り扱う商店であれば取扱があることも多いですが、家電量販店などは応じていないことが多いようです。

ボーナスの日は給料日とは別のことが多いです。クレジットカードを新しく作る必要性は高いと言えるでしょう。
amazonギフト券買取店を利用したamazonギフト券現金化はボーナス直前の買い物にも効果があります。

「もうひと頑張り」にamazonギフト券買取が効く

欲しいものがあっても予算不足であきらめることがあります。
グレードの低いもので満足するしかない場合もあるかもしれません。

しかし、amazonギフト券買取をamazonギフト券買取店に依頼することで、資金不足を解消し、自分が本当に満足するモノを買うことができる場合があります。

ちょっとした予算不足を理由にして、後で後悔するのも賢い話ではありません。
うまく締日を工夫すれば支払は2か月後なので、先ほど紹介したボーナス時期に支払を繰り延べることも可能です。

ボーナスが出るまで待てるのであれば、そうしたほうがいいのですが、世の中そこまでうまくいくものではありません。
大きな金額の予算不足であれば、考え物かもしれませんが、ちょっとした予算不足であれば、あえてボーナス時期まで待たなくてもamazonギフト券買取を実行することで、早めに欲しいものを手に入れることができます。

ちょっとした予算不足の「もうひと頑張り」にamazonギフト券買取店を利用したamazonギフト券買取は非常に効きます。

予測不能なら10日おきの締日がベスト

このように資金不足になりそうな時期がわかっていれば、その時期に合わせて締日が到来するクレジットカードを作ることが有効です。

しかし、資金不足が時を選ばないのは先ほど述べたとおりですし、事業内容などによっては資金不足がいつ起こるかわからないというケースもあるでしょう。
このような場合、できるだけ締日を分散させることでリスクヘッジをすることが効果的です。

先ほど述べたとおり、締日は信販会社によってマチマチです。
10日おきに締日を設定することは難しい話ではありません。ちょっとした工夫で資金繰りのピンチを回避する方法はあるものです。

また、締日の分散はamazonギフト券買取だけではなく、日頃の生活でもメリットがあることは既に述べた通りです。

最近は、事業主用のビジネスカードが増えました。
ビジネスカードは事業経費を分離することで経理の合理化を図ることができると評判が高いです。

ビジネスカードはそれなりの事業規模や収益がなければいけませんが、そのあたりをクリアすれば案外審査に通るものです。
1人で多くのクレジットカードを持つことは、信用情報の観点からしてもあまりお勧めできません。
将来、住宅ローンなどを借りる場合、信用情報も確認されますが、その際にクレジットカードの枚数が多いと銀行側から指摘されることがあります。

ビジネスカードも利用して締日を分散させるメリットは案外大きいのです。

自営業者の悩み

自営業者の方は保証とか安定という文字とは無縁です。

不動産賃貸ならいいんじゃないかなと言われるかもしれませんが、アパート経営は入居者の有無で話が激変します。
どんな事業でも絶対安心という事はありません。

そんな自営業者の方にとって、資金繰りは非常な悩みの種であり、リスク要因です。
そんな自営業者の方にamazonギフト券買取による資金調達は非常に頼りになる存在です。

他の信販会社のギフトカードや新幹線回数券を金券ショップで換金する場合に比べて、手間がかからないし、信販会社からの電話確認にビクビクする必要もありません。

amazonギフト券買取の利点は、amazonギフト券はクレジットカードでしか買えない点です。信販会社ギフトカードや新幹線回数券は、現金で購入することも多いため、信販会社から怪しいと思われることがあるのです。

これに対し、クレジットカードでしか買えないamazonギフト券なので、信販会社の「Stop現金化」というキャンペーンをあまり気にしなくても大丈夫なのです。

自営業者の方は、あまり悩みを相談する相手がいません。会社の社長というと飲み屋さんなどで「シャチョー」などとおだてられることもありますが、事業に関しては相談相手がおらず自分一人で悩むことが少なくないのです。

そんな社長さんや自営業者の方から、せめて資金繰りの悩みを解決してもらいたいものですが、その手段としてamazonギフト券か買取によるamazonギフト券現金化は頼りになる存在になるでしょう。

年中資金繰りの悩みは続く

自営業者の方にとって、資金繰りの悩みは24時間365日途絶えることはありません。

得意先に対する売上は、必ず回収できるということを前提に資金繰りを計画しているのですが、相手がいきなり倒産してしまうこともあります。
前兆をキャッチすればいいのですが、そんな仕草を見せてしまうと一気に取引先が逃げてしまうため、ギリギリまで自分の会社が危ないなどと外部に漏らすわけがないのです。

連鎖倒産という言葉がありますが、最後まで得意先が資金繰りに苦しんでいることがわからず、ある日突然得意先が倒産してしまったことにより起きる悲劇です。
得意先からの入金がなく、どうしようもないまま自分の事業も継続できなくなってしまうのです。

そのような悲劇を食い止める手段としてamazonギフト券買取は有効です。
最長2か月間の支払猶予ができるわけですから、その間に資金調達を頑張ればいいのです。

いきなり売上代金が入金されないという非常事態があっても、amazonギフト券買取店によるamazonギフト券買取を知っていれば、当座の資金は調達できます。

amazonギフト券買取を効率的に実行するためには、ある程度の準備が必要です。
締日を分散したクレジットカードや優良なamazonギフト券買取店を探すことなどが必要です。

非常事態など起きないほうがいいことはもちろんです。
しかし、起きてしまったときに対処の方法があるとないとでは、天と地ほどの差があることはお分かりいただけるでしょう。

「備えあれば憂いなし」なのです。

365日体制を敷く安心感

amazonギフト券買取を準備できていると、いざとなったらamazonギフト券買取店にamazonギフト券を買取りしてもらえばいいので、緊急事態にも対応できます。

このような緊急事態に備えることができない人は、万が一の際にどうしようもなく連鎖倒産の憂き目に合う可能性が高くなります。
そのような事態にならないためにクレジットカードを何枚か準備をして、優良なamazonギフト券買取店を探すのです。

クレジットカード現金化の方法は、amazonギフト券買取の他にもいくつかあります。

しかし、先ほど述べた通り、換金率が高い信販会社ギフトカードや新幹線回数券をクレジットカードで購入する事は難しくなっています。
また、ブランドバッグなどを購入して買取店に売却しても、その換金率は8割以下です。場合によっては7割を割り込むことがあります。

資金不足とはいえ、そんな換金率の悪いクレジットカード現金化をしても、信販会社からの請求に応えて支払をすることは難しいでしょう。

これに対し、amazonギフト券現金化は、amazonギフト券をamazonでクレジットカードで購入するだけであり、amazonギフト券買取率も9割程度と高いため、請求に対して支払をすることが現実的な範囲に留まります。
更にamazonギフト券買取店は24時間365日体制で営業をしています。

自営業と一言で言っても、業種はいろいろです。平日昼間だけに営業をしている事業者ばかりではないのです。

そんな事業者の方々にとって、amazonギフト券買取店は非常に頼りになる存在だと言えるはずです。

10日おきの締日分散は可能

このようにamazonギフト券買取は、資金不足のリスクが高い自営業者にとって都合のいい資金調達の方法です。

しかし、問題は都合のいいクレジットカードの組み合わせが可能かどうかという事です。
理想的には、10日・20日・月末というタイミングですが、20日締日のクレジットカードはあまり多くありません。

20日締日のクレジットカードとしてはトヨタカードがありますが、複数という事になると難しいでしょう。もっとも20日締日のカードにはダイナースもあり、ビジネスカードも発行しています。
しかし、プレミアムブランドのカードは審査の壁が高いです。年会費も安くありません。

では、5日・15日・25日という組み合わせはどうでしょうか。
5日締日のカードにはニコス・アプラス・ライフカードと有名どころが多いです。15日締日のカードはJCBやMUFGがあるので問題はないでしょう。
25日締日と言うカードはありません。しかし、27日締日のエポスカードは代用できるのではないでしょうか。

月末が支払日だという自営業者の方は多いはずです。
そんな自営業者の方にとって、月末寸前が締日のエポスカードは絶好のクレジットカードだとも言えます。

amazonギフト券買取で資金調達をしようとする場合、最後は持ち駒であるクレジットカードのラインナップで効率の良さや実現可能性が決まるのです。

できれば締日ごとに2枚

amazonギフト券買取を依頼する際、10万とか20万程度であれば一つのクレジットカードで大丈夫だと思いますが、これが10万円単位になると話が変わります。

さすがにamazonで100万円の買い物をすると信販会社も警戒して確認の電話をしてきますし、ゴールドカードでなければ利用限度額は50万円程度でしょうから、amazonギフト券買取を多額に実行することは難しいです。

そう考えると、信販会社を変えて2枚のクレジットカードを組む必要性があります。
10万から20万程度のamazonギフト券買取を依頼するだけなら、特に問題ありませんが、金額が大きくなればそれなりに対応が必要だということです。

もっとも、クレジットカードの枚数が増えすぎるのも管理しきれないデメリットがありますし、審査自体に問題が出るかもしれません。

人それぞれの事情があるため、ご判断いただきたいのですが、資金不足のタイミングがある程度見えている時期の締日にカードを2枚準備し、他の締日は1枚という具合でもいいのではないでしょうか。

完璧を期すのであれば、締日ごとに2枚ずつ準備することが望ましいのですが、それができるとは限りません。
ご自身の状況にあったクレジットカード戦略を立てていただければいいのではないでしょうか。

1枚で100万はきつい

先ほど述べたとおり、amazonギフト券買取を一気に100万円単位ですることは無理があります。

もちろんゴールドカードホルダーの方はやってできないことはないでしょうし、信販会社のギフトカードや新幹線回数券のようにあれこれ聞かれる可能性は低いです。
もし、聞かれたとしても、amazonギフト券はクレジットカードしか買えないので、怪しまれようがないのが実情です。もし何か聞かれたとしても、10万円のお礼を10人にしただけだと言い切ればそれ以上信販会社も追求しようがありません。

とはいえ、資金繰りが悪化している時期は何かと慌てていることが多いです。
冷静な判断力がなくなっていることだって否定できないでしょう。
そのような際に、わざわざ信販会社から確認の電話があることは避けたいものです。

amazonギフト券買取は、緊急事態に実行するものです。
そのような時期なので、できるだけスムーズに処理が進むようにしたいものです。

amazonギフト券買取店は、amazonギフト券買取をしたamazonギフト券をスムーズに換金してくれますが、肝心なamazon券購入の際にトラブってしまっては意味がありません。

1枚のクレジットカードでamazonギフト券を買うことは、わざわざ自分のリスクを上げることにつながります。できるだけ避けた方が賢明だというわけです。

限度額は信販会社ごとに決まっている

クレジットカード利用限度額は、信販会社ごとに決まっています。

同じ信販会社が発行しているカードなら、合計で与信枠を決めて、その範囲内で利用するわけです。
しかし、信販会社ごとに決まっているとはいえ、クレジットカードの申込が別のWEBとかだと同じかどうかわかりません。

クレジットカードの申込をすると、必ず発行会社がどこか記載されています。
例えば、パルコカードとロフトカードはともにセゾンカードが発行しています。つまり、セゾンカードが決めたショッピング枠を共用する形になります。
セゾン系はカードごとに限度額を決めていますが、合計額の範囲内でセゾンがわ降っているのです。

パルコカードやロフトカードのようにショッピングセンターが発行しているカードのことを「ハウスカード」ということがあります。飲み屋さんなどでハウスボトルという名前を聞いたことがあると思いますが、店独自で考え出されたカードと言う意味です。

もっとも、店舗が信販会社としての役割をすることは容易ではなく、イオンや楽天のようにグループ内に信販会社を作ってしまえる大企業でなければ、どこかの信販会社にカード発行を依頼しているのです。
そのため、カードデザインが違うクレジットカードでも、それがハウスカードであれば発行している信販会社は同一だということはあり得ます。

MUFGなどはMUFG系のクレジットカード全体でショッピング枠を設定しているため、その範囲内であれば増枠申請なども容易です。
しかし、その範囲を超えると利用できないということもあり得るため、利用金額が大きくなりがちなamazonギフト券買取の際は要注意です。

amazonギフト券買取の準備では、利用する予定のクレジットカードの利用限度額を確認することも必要です。

締日ごとにペアを作ろう

10日おきの締日だと3グループ必要であり、2枚ずつだと6枚のクレジットカードが必要です。

しかし、それはちょっと現実的ではないかもしれません。
先ほど述べたとおり、資金不足の可能性が高く、かつ金額も多くなりそうな時期に対応する締日に限度額が大きなクレジットカードを2枚設定し、それ以外は限度額が少額のクレジットカードを1枚設定するという形でもいいのではないでしょうか。

具体的には、同じ締日では信販会社が別であるクレジットカードでペアを作るべきです。理由は先ほど述べたとおり、信販会社ごとで限度額が決まっているためです。
締日ごとにこのようなペアを作っておくことで、amazonギフト券買取をより一層効率的に実行することができます。

また、締日が違えば、同じ信販会社でも問題はないことが多いため、締日を選択できるエポスカードなどは、エポスカードと提携カードを2枚作るということも一つの方法でしょう。

20日という珍しい締日のトヨタカードも、エネオスとの提携カードであれば5日締めです。トヨタカードとエネオスカードがあれば、20日と5日というちょっと変則的ではありますが、2つの締日をカバーできます。

amazonギフト券買取によりamazonギフト券現金化をする際には、利用するクレジットカードの締日は非常に大きな役割を占めます。

締日を意識したクレジットカード選びは、amazonギフト券買取をスムーズに進めるとともに、日常生活でも有利な支払ができることになるはずです。

2枚あれば100万は調達できる

一つの締日で利用するクレジットカードの枚数は多ければ多いほど望ましいです。

しかし、クレジットカードの発行には限度額ありますから、事実上2枚が限度ではないでしょうか。
もっと発行してもらえるという信用力がある人ならば、締日を分散して発行してもらうことをお勧めします。リスクヘッジになるためです。

クレジットカードにもよりますが、2枚のクレジットカードを組み合わせれば、大体100万円程度の調達は可能です。

amazonギフト券買取率が9割とすると、100万円調達したい場合のamazonギフト券の必要額は110万円です。
60万円前後のamazonギフト券をそれぞれのクレジットカードで購入すれば、無理なく100万円程度の資金調達は可能なのです。

2枚利用するためには、amazonからも下手に怪しまれないようにアカウントを2つ作っておいた方が安全です。amazonもamazonギフト券をクレジットカード現金化の手段とされることを警戒しているためです。

もっとも二つの無料アドレスを作ればamazonのアカウントを二つ作ることは難しくありません。

怪しまれないようにすることもamazonギフト券買取をスムーズに進めるコツです。
ゴールドカードがあるからと一気に100万円単位のamazonギフト券を購入することはお勧めしません。

信販会社は分散しよう

先ほど締日を分散するメリットを述べました。

しかし、同時に信販会社を分散することは信販会社のモニター対象から外れやすいことも意味しています。

信販会社は盗難カードで不正利用をされないように、カードの利用状況を常時チェックしています。

amazonギフト券買取に限らないのですが、クレジットカード現金化をすると10万とか50万とかのような区切りがよく多額の数字の利用が発生します。このような数字が発生すると、信販会社のプログラムで警告表示が出るようです。
この警告が出ると、普段はほぼフリーパスの決済承認がストップし、利用者に対して電話があります。

ちなみにクレジットカード現金化のためにみどりの窓口で新幹線回数券を購入しようとしたら信販会社から電話があると言われます。これは信販会社が察知したというより、JR各社が信販会社に連絡をしているのです。

もっとも、これらの確認は基本的に盗難カードの不正利用がないかを確認することが目的です。必ずしもamazonギフト券買取などのクレジットカード現金化を狙い撃ちしているわけではないので、神経質になりすぎることはありません。

とはいえ、先ほど述べた通りゴールドカードでamazonギフト券を100万円単位で購入すると警告表示が出る可能性が高いので、やめた方がいいわけです。

もっとも、このような警戒システムは信販会社ごとにしかしていません。
ハウスカードであれば、どこの信販会社で発行しているかを確認する必要がありますが、信販会社が別であれば気にする必要はありません。

締日を分散すれば信販会社も分散される

先ほど述べたとおり、信販会社は警戒システムを設定しています。

盗難カードの不正利用は、信販会社にとって食い止めなければいけないことです。
盗難カードの不正利用は、信販会社が保証しなければならず、たとえ保険会社がカバーしてくれたとしても、この手の不正利用が多ければ、保険会社から保険料の値上げや引受拒否をされかねないためです。

よく、クレジットカード現金化をすると信販会社から電話があると言われますが、これは高額商品を購入するとよくあることです。
別にクレジットカード現金化を警戒するためだけではないことは知っておいた方がいいでしょう。

ただし、amazonギフト券買取をするような緊急事態に信販会社から電話があることはできれば避けたいものです。
スピーディーさが取り柄のamazonギフト券買取店を利用したamazonギフト券現金化なのに、amazonギフト購入で手間取っていたらイライラするだけであり、うまくいく資金化も失敗しかねません。

amazonギフト券買取によるamazonギフト券現金化は、準備段階で成否が決まります。
amazonギフト券買取店を選び、ペアにするクレジットカードを決めれば、いつ資金不足が発生しても対処できます。

しかし、肝心な準備段階で問題があっては、amazonギフト券買取によるamazonギフト券現金化も失敗しかねません。

分散するメリットと安心感

amazonギフト券買取をする上で一番大切なことは、スムーズにamazonギフト券買取の手続を進めることであり、amazonギフト券買取による買取資金をスムーズに自分の銀行口座に入金してもらうことです。

クレジットカードを選定する際、信販会社が別であれば電話がかかってくる可能性はかなり低くなりますから、心配なくamazonギフト券買取店に対してamazonギフト券買取を依頼することができます。

amazonギフト券買取を実行するにあたり、クレジットカードを申込をする際、信販会社が違うかどうかと締日のバランスが取れているかを確認することが大切であることはお分かりではないでしょうか。

締日を分散することで、amazonギフト券買取をする際に購入したamazonギフト券の支払が楽になります。支払日か1か月変われば、資金準備の困難さは激変するでしょう。
また、クレジットカードの発行をしている信販会社を変えることで、amazonギフト券を購入した際に電話確認があることをされけることができます。

信販会社を分散することで締日を分散させることは容易なのですが、締日を一緒にして信販会社を分けることは案外難しいです。信販会社ごとに締日は当然同じであり、ハウスカードも締日が同じだからです。
見た目が違うカードだからと安心してはいけないのです。

不正利用を監視する必要がある信販会社

先ほど述べたとおり、クレジットカードの不正利用があると、信販会社は負担が増加します。

交通事故と同じ話で、不正利用という事故が起きると、利用者は保険会社から補償を受けることはできますが、自動車保険と違い「等級」に響くのは、利用者ではなく信販会社なのです。

信販会社は、保険会社に盗難保険の引き受けを依頼していますが、保険会社は引き受けに当たり盗難防止のためにどのような手段を講じているかを確認しています。
甘ければ、是正させるか保険料の引き上げを要求します。場合によっては引き受けられないと拒否されるでしょう。

しかし、保険がなければ信販会社は営業ができません。

このような理由で信販会社は不正利用に対する対応を強化しなければいけないのです。

実際に不正利用が起きた場合、保険会社は信販会社に対して盗難カードがどのようにして利用されたかを確認します。
金額が少なければいいのですが、10万単位の多額の金額であれば、保険会社はどのような対応をしたかについて、信販会社に対して説明を求めます。

不正利用をした犯人など、まず間違いなく捕まりません。保険会社が保証をしておしまいです。
しかし、対応が甘かったと判断されたり、当初想定された警戒システムが運用されていなかったりしたことが判明するとタダではすみません。

当然それ以後の保険料が上がることは避けられませんから、いくら盗難保険があるから顧客に対する保証はできるとしても、下手をするとそれ以上のデメリットが信販会社に及びます。

信販会社は不正利用を監視する必要があるのです。

ハウスカードは発行元を調べよう

このように信販会社はクレジットカードの不正利用を監視するため、かなり神経質になっています。

そのトバッチリという形でamazonギフト券買取によるamazonギフト券現金化をする際に気を付けなければいけない事態になっているのです。

信販会社を分散するという観点では、ハウスカードは非常に気を付ける必要があります。

イオンカードのWEBを見ていただくとわかるのですが、非常に多くのクレジットカードを発行しています。
自社系列のショッピングセンターは当然ですが、関連法人のハウスカードや高速道路運営会社、更にはJR各社の提携カードも発行しています。

先ほど例に挙げたセゾンカードもそうですし、ジャックスやUCカードはかなり多くのショッピングセンターと提携してハウスカードを発行しています。

ハウスカードで有名な業種としてガソリンスタンドが挙げられます。
出光カードのようにセゾン系の信販会社が発行している場合、不正利用のモニターをセゾンが一括している可能性があるため、締日から支払日まで長いからとセゾンカードと同時にamazonギフト券買取に利用することはちょっと危険です。

また、他のガソリンスタンドも自社で信販会社を設立していることは少ないので、どこかのハウスカードとなっていることが多いです。

ハウスカードは発行信販会社の確認が必須です。

まとめ

このようにamazonギフト券買取ではクレジットカードの選択が大切です。

また、このようにして何枚かのクレジットカードを持つことは、日頃の生活資金の支払を繰り延べることができることを意味しています。
生活資金の支払を繰り延べると、支払日まで資金が自分の銀行口座に滞留し続けますから、預金残高が上乗せされます。

このことは、資金不足の危険性を回避することにもなり、メリットは大きいのです。