アマゾンを使った事がないという人も、amazonギフト券(amazonギフトカード)を知っている人が多い事をご存知ですか?

その理由は普段からよく目にしているからです。

少なくても1日1回くらいはamazonギフト券を見ているはずです。

それはコンビニのラックでamazonギフト券が販売されているからです。

amazonギフト券以外にも、WEB上で使える様々なギフトカードが売られていますね。

コンビニで買えるギフト券一覧

カードの種類 購入可能な額面 使用可能サービス
amazonギフトカード 1,500円~50,000円 amazon.co.jp
iTunesカード 1,500円~50,000円 App Store
楽天ポイントカード 1,500円~50,000円 楽天各種お店
GooglePlayカード 1,500円~50,000円 Google Play
LINE Pay 1,000円~10,000円 LINEアプリ内
DMMプリペイド 2,000円~50,000円 DMM GAMES
Web Money 2,000円~20,000円 各種サイト
モバコインカード 1,000円~20,000円 モバゲーYahoo!モバゲー
Amebaプリペイド 1,500円/10,000円 Amebaゲームなど
GREEコイン 1,500円~10,000円 GREE
V-プリカギフト 3,250円~30,200円 VISAカードと同様
Play Station 3,000円/5,000円/10,000円 PSN
レコチョクプリペイド 1,500円/5,000円 レコチョク
ニンテンドープリペイド 1,000円~5,000円 Nintendo
BitCash 1,500円~50,000円 各種サイト
AppleMusicCard 2,940円/9,800円 アップルミュージック

ざっと見渡してもかなりの種類のプリペイドカードやギフトカードがコンビニで売られております。

この中でも、amazonギフト券は非常に人気が高く、他にもiTunesカードやGooglepPlayカード等も多いようです。

本日は、テーマであるamazonギフト券をコンビニで買う際の注意点をお伝えします。

amazonギフトカードには6種類の額面がある

コンビニのプリペイドカードが売られているコーナーやラックを見て下さい。

amazonギフトカードだけでも何種類もある事に気付くはずです。

実はカード色別に金額が分かれています

amazonギフトカードの色 購入可能な額面 備考
ブラック・黒(MP3デザイン) 1,500円 額面は固定
ホワイト・白(MP3デザインもあり) 3,000円 額面は固定
ブラック・黒 5,000円 額面は固定
ブルーブラック・紺 10,000円 額面は固定
グレー・灰 20,000円 額面は固定
ホワイト&ブラック・白と黒 1,500円~50,000円 レジで好きな金額を設定

※デザインが一新される可能性もありますので、購入に際してはよく確認して下さい。

上記がコンビニで売られているamazonギフト券のパターンです。

白と黒の金額が自由に選べるカードは「バリアブルカード」と言います。

バリアブルカードの購入単位

コンビニで売られているバリアブルカードは、1,500円以上であれば1円単位で購入する事が可能です。

このカードをレジに持っていき、1,501円でも49,999円でも自由に設定して購入する事ができます。

購入した額面がそのままamazonで使用できるという事になります。

 

 

レジを通さないと使えない

当たり前の話しですが、レジを通さないとamazonギフトカードは無効です。

5,000円や10,000円のカードがラックにぶら下がって売られてますが、これはこのままではただの無意味なカードです。

中にはカードだけ盗んで使用しようとする悪い日とも世の中にはいます。

ただ、amazonギフトカードに限らず、コンビニで売られているプリペイドカードは全てそのままでは使用する事ができませんのでカードをパクっても意味がありません。

アクティベーションが必要

プリペイドカードでいうところの「アクティベーション」とは、そのカードを有効化するという意味です。

3,000円の固定額面のamazonギフトカードなら、レジで3,000円払ってはじめて使えるようになるという事です。

額面で3,000円と記載がありますが、レジを通さないと中身が入っていないただのプラスチックのカードです。

アクティベーションしてようやく3,000円分の中身が入るという訳です。

5,000円や10,000円などの額面でも同様です。

アクティベーションは犯罪防止にも役立ちますね。

 

コンビニのamazonギフトカードの有効期限

コンビニで売られているカードタイプのamazonギフト券は、購入した日から1年間が有効期限となっております。

購入したのに1年間放置する方が珍しいと思いますが、一応有効期限がありますので期限内に使用できるようにしましょう。

また、ギフト券のタイプによって有効期限が異なりますので、気になる方はamazonギフト券の有効期限をご参照下さい。

ちなみに、万一有効期限が切れてしまっても心配ありません。

実は、ギフト券の有効期限を簡単に延長する裏ワザもありますので、もし切れてしまったという方はamazonギフト券を延長する方法をご覧ください。

 

コンビニで購入したギフト券の使用方法

購入した後の使い方は自由です。

amazonギフトカードはギフトカードと言うくらいですから、人にプレゼントするも良し、自分で使うも良しです。

使い方は至って簡単です。

裏面の銀紙を削ってコード番号を登録するだけ

amazonギフトカードには、ギフトコードというコード番号が振り分けられております。

カードの裏面の銀色の部分に隠された英数字がギフト券コードという事になります。

後はこのギフト券コードを、amazonのアカウントに入力しすればチャージ完了です。

しっかり額面がチャージされているか確認をして、使うだけです。

一度アカウントにチャージすると売る事が出来ない

ちなみにamazonギフト券は高値で売る事が出来ますが、一度アマゾンのアカウントにチャージ(登録)してしまうと売る事が出来ません。

もし、amazonギフト券を買取業者に売りたい場合は、絶対にアカウントに登録しないよう注意して下さい。

ちなみに、コンビニで購入したカードタイプのamazonギフトカードも売る時は、カードを送るのではなくこのコード番号をメールで送るか、コード番号分かる裏面の画像をメールで送って買取をしてもらいます。

amazonギフト券買取の優良店では大体88~92%くらいで買取ってもらう事が可能です。

変な業者に売ると、80%前後と低い換金率での買取になりますので、もしamazonギフト券を売って現金に換えたい場合は優良店の見極めが必要です。

当サイトでは確実に90%前後で買取ってもらえる優良店も紹介しておりますので、是非参考にされてみて下さい。

まとめ

  • コンビニでamazonギフトカードを購入する場合は額面を選ぶ事。
  • バリアブルカードは自由に金額を設定する事ができる。
  • レジでアクティベーションしないと使用する事が出来ない。
  • ギフト券の使用方法はギフトコードをアカウントにチャージする事。
  • amazonギフト券は売る事ができるがアカウントに登録してしまうと買取ってもらう事が出来ない。