amazonギフト券買取は、amazonギフト券をどれだけスムーズに買うかだけではなく、クレジットカードの決済までスムーズに済ませることが第一です。

そのため、できるだけ締日直後のクレジットカードを利用することが大切です。

また、資金不足がいつ発生するかわからないことから、締日を分散したクレジットカードを準備しておくことも大切です。
更にamazonギフト券を問題なくクレジットカードで購入するためには、違う信販会社が発行したクレジットカードをペアで利用する必要があります。

要求が多いなと思われるかもしれません。

しかし、確実にamazonギフト券買取を成功させるためには、いずれも必要不可欠です。
万全の準備が確実にamazonギフト券買取を成功させ、そして資金不足から自分を救うのです。

また、何枚ものクレジットカードを準備することは、amazonギフト券買取以外にもメリットがあるのです。

最低2枚

amazonギフト券買取にあたり、必要なクレジットカードは最低2枚です。

amazonギフト券はクレジットカードで購入することから、締日と支払日の関係を無視することはできません。

締日直前にamazonギフト券を購入してしまうと、最短1か月以内に請求されることがあります。
amazonギフト券買取をいくらしてもらうかとか、資金調達の目処などにもよりますが、そんな短期間でamazonギフト券の代金請求が来てしまっては、クレジットカード現金化の手法であるamazonギフト券買取の意味がありません。

その意味でも、締日を15日と月末というように、月を2分割するような締日のクレジットカードをペアにして申込んで置く意味があるのです。

また、amazonギフト券買取の金額が少額であればいいのですが、多額であれば一枚では無理があります。信販会社から不正利用ではないかと疑われるためです。
目安としては1枚50万円程度が限度だと思いますが、出来れば30万円程度に留めたほうがいいかもしれません。

もっとも、信販会社発行のギフトカードのように信販会社が目を光らせているわけではないし、もともとamazonギフト券は事実上クレジットとカードでしか購入できませんから、信販会社から電話がかかってきてもさほど気を使う必要はないでしょう。

とはいえ、そのような電話がないほうがいいことは当然でしょう。

いずれにせよ、amazonギフト券買取を計画的に実行するのであれば、クレジットカードは最低2枚は必要です。

締日直前の購入は危険

先ほど締日直前にamazonギフト券を購入すると支払日がすぐ到来してしまい、意味がないという話をしました。
それだけではなく、締日直前の買い物は支払不能になる危険性も高いので注意が必要です。

amazonギフト券買取店は、amazonギフト券買取率を9割程度で設定しています。逆算すると、資金調達したい金額の1割増程度のamazonギフト券を買う必要があるのです。

具体的に言うと、amazonギフト券買取で100万円調達したい場合には110万円のamazonギフト券を買ってくる必要があります。
元金の100万円は何らかの手段で回収できると仮定しても、余分な10万円は支払日までに確保する必要があります。

自営業者の方が100万円の資金不足のために、amazonギフト券買取によって資金調達をする場合、110万円のamazonギフト券をamazonギフト券買取店に売ることになります。
差額の10万円は事業用資金から確保することになりますが、1か月の売上から10万円確保するのと、2か月間の売上から10万円確保するのでは、どちらかが現実的であり、かつ楽であるかは言うまでないでしょう。

amazonギフト券買取に限りませんが、クレジットカード現金化で支払ができないまま債務整理に追い込まれる人が多いのは、結局支払日までにこのような差額を確保することができないためです。

クレジットカードにはリボ払いという最後の手段がありますが、金額が大きい場合リボ払いの限度額を突破するため、利用する事ができないことが多いのです。

このような危険性を回避するためにも、支払日はできるだけ遅いほうがよく、そのためにはクレジットカードの締日直後にamazonギフト券を購入することが必要なのです。

締日分散のために最低2枚

このように締日を分散するためには、クレジットカードの締日をきちんと確認し、分散することが必須です。

クレジットカードの締日は調べると一覧になっているようなサイトがありますから、参考にしていただければいいのですが、信販会社によって偏っていることがわかります。
決済業務を一括していることが多いため、当然と言えば当然なのでしょうが、同時に信販会社も別にすることは冒頭に述べた、信販会社から電話確認されるリスクを減らすことにも貢献します。

ただ。信販会社をずらすという以上に締日を分散させることは必要であり、支払ができないことによる自分の信用リスクを高めないためにも締日を分散したクレジットカードを準備することは大切です。

信用情報の大切さは、いまさら言うまでないでしょうが、信用情報には思いがけないような細かい話が登録されており、ただ単にブラックリストに該当するような項目だけが登録されているわけではありません。

例えば、毎月クレジットカードを利用し、請求がされますが、期日どおりの支払があるかないかも登録されています。
また、利用のない月も登録されるので、信用情報を見れば休眠カードかどうかの判断もできてしまいます。

一番理想的なのは、持っているクレジットカードを毎月利用し、支払も確実にしていることです。
これができていると、信用情報がきれいになり、amazonギフト券買取をより確実に実行するためもう一枚クレジットカードを申し込もうとする場合にも、審査がスムーズに通りますし、利用限度額も大きくなります。

信用は大切なのです。

月末と月中は必須

では、締日を分散するという場合、どのようにすればいいでしょうか。

基本的には月中と月末に締日が来るカードを2枚持っていればいいでしょう。
月中締日のクレジットカードはMUFGやJCBと老舗の信販会社が多いです。
また、月末締日のクレジットカードは、セゾンなど非常に多いです。

amazonギフト券買取を利用した、amazonギフト券現金化が必要な時期はいつ訪れるかはわかりません。
サラリーマンの方なら給料日1週間前とか、自営業の方であれば支払日と売上代金回収日の谷間が資金不足の時期だと言えるのでしょうが、必ずしもそうとばかりは限らないのが悩ましいところです。

締日を月中と月末に分散しておけば、少なくともどの時点でamazonギフト券買取を実行しても、amazonギフト券購入時期から支払日まで最低でも1か月半程度は確保されるでしょう。

支払日までの期間が長ければ長いほど、自分の資金繰りが楽になります。
支払を遅くすることで実質年利を下げることも可能です。
amazonギフト券買取率は9割が基本ですが、消費者金融などと比較すると割高であることは間違いありません。

しかし、審査に通るかどうかわからないような消費者金融はいざという時にアテにできないことも事実です。
大手消費者金融の審査通過率は、WEBを探せば出てくる有価証券報告書を見ればわかる通り、5割を切っています。
そんな不確実な消費者金融を自分の緊急事態に使うことはできないでしょう。

amazonギフト券買取は、審査なしで資金調達ができる点が魅力です。
しかし、支払日までに負担する金額は大きくなります。

締日を工夫することで、ちょっとでも自分の負担を減らして、確実に支払日に支払をしたいものです。

できれば10日おきに3枚がいい

このように締日を意識すると、最低でもクレジットカードは2枚必要だと分かっていただけると思います。

ただ、出来れば締日は10日おきに3枚あると安心です。
できるだけ、締日直後の利用をしたいためです。

先ほど申し上げた通り、amazonギフト券買取率は9割です。
年利換算の話をしても仕方ないかもしれませんが、1か月で支払日が到来すると年利120%という計算になります。しかし、2か月なら60%で済みます。

自分の負担が軽くなるという点では、締日直後にamazonギフト券を購入したほうがいいということはお分かりいただけたのではないでしょうか。
このメリットを最大化しようとすると、必然的に締日を細かくすることを考えることになります。

5日おきくらいに締日が到来するようにクレジットカードを揃えることができればいいのですが、さすがにそれは現実的な話ではありません。

理想的には10日おき程度に締日が到来するようにクレジットカードを申し込むといいのではないでしょうか。これなら現実に可能です。

年会費無料カードを選ぼう

クレジットカードを選ぶ際、WEBなどで探してみると、いろいろなカードがあることがわかります。

その中でとりあえず優先したい選択項目として年会費無料カードが挙げられます。

年会費無料のカードは、二つグループがあり、一つは初年度だけ無料と言うものであり、もう一つは無条件で無料と言うものです。
前者は、信販会社が直接発行しているカードに多く、後者はセゾンカードやイオンカードのようにショッピングセンターなどのハウスカードに多いです。

信販会社が発行しているクレジットカードは、年に1回でも利用したり、リボ払い専用カードのような形式にしたりすれば、翌年度の年会費が無料になることが多いです。
リボ払い専用カードは、使い過ぎが心配なのでできる限り敬遠すべきでしょうが、最近はリボ払いになる利用額をかなり高額にすることができます。

最初は5千円程度の設定なので、ちょっと利用するだけで無条件にリボ払いになりますが、設定を5万円とか10万円に上げれば、事実上の一括払いカードになります。
JCBなどのように上限額を無条件に設定することができる事も多くなってきたので、amazonギフト券買取を予定するなら、ショッピング限度額まで上げてしまえばいいのではないでしょうか。

こうすることで、amazonギフト券買取を実行する準備をローコストで実行することができますし、ショッピングセンターのハウスカードであれば、amazonギフト券買取以外のメリットも当然あるでしょう。

年会費無料が基本

クレジットカードの年会費は無料が原則だと思っている人が多いでしょう。

確かに間違いではありませんが、実際には完全に年会費を無料にしているカードは、イオンカードや楽天カードなどのように流通企業が販売促進目的で発行していることが多いです。

amazonギフト券買取をするのであれば、amazonが発行しているクレジットカードも選択肢のひとつではありますが、これは無条件で年会費無料になるのではなく、年間1回は利用する事が年会費無料の条件です。
しかし、このような条件を満たせば年会費無料になるのですから、条件を確認して年会費無料カードとして利用すればいいのです。

ただし、年会費無料のカードは、ゴールドカードなどのようにサービスが充実しているわけではありません。
高還元率と言われるカードであれば、キャッシュバックが魅力的ですが、amazonギフト券買取の準備と言う観点からすると、一つのカードに支払を集中させることは少ないので、あまり期待しないほうがいいでしょう。

今まで、JCBやMUFGのような大手信販会社が直接発行しているクレジットカードを利用している人にとって、他のクレジットカード会社はコールセンターになかなか電話が繋がらなかったり、相手の口調がぞんざいだったりすることが少なくありません。

amazonギフト券買取のために複数のクレジットカードを準備する必要があり、そのために年会費支出を強いられるのは負担が大きいことから、できるだけ年会費無料のクレジットカードをお勧めしています。
ただし、各種手続はできるだけWEBで終わることができるようにしたほうが賢明です。

リボ払い専用カードで一回払いにするコツ

年会費無料であるばかりか、他のカードに比べてポイント還元率も高いことが多いリボ払い専用カードですが、落とし穴もあります。

知らないうちに支払の全てがリボ払いになってしまうのです。

最初の申込の際に、いくら以上でリボ払いにするかを決めることができますが、注意していないと数字を記入せず申込をしてしまいます。
この場合5千円程度に設定されることになりますから、毎月の支払額は少ないものの、いつ支払が終わるかわかりません。リボ払いの罠にはまってしまうのです。

このような弊害を防ぐためには、毎月の支払額をできるだけ高額に設定することがベストです。
例えば、10万円と設定すると、月間10万円までの買い物であれば一括払いになります。

また、普段は一括払いカードとすることができるカードもあります。
ポケットカードに「P-One Wiz」というリボ払い専用カードがありますが、このカードで一括払いを原則とするように申し込むと、利用額が10万だろうが20万だろうが、一括払いになります。
しかも、ポケットカード名物の1%OFFだけではなく、ポイントまで付くのですからお得です。

ポケットカードの1%OFFはamazonギフト券のような金券を購入すると適用されませんが、毎月のメインカードとするのであればお勧めです。

このように年会費無料のカードを探すと同時に、リボ払い専用カードのメリットだけをゲットして支払は一括払いにできるようなカードを探すことも生活の知恵として大切ではないでしょうか。

年会費が必要なカードは審査が厳しい

こんな話をすると矛盾を感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、年会費が必要なカードは審査が厳しいです。

例えば、ゴールドカードやプラチナカードは年会費を払ってくれるからと有利な審査儀俊にしているわけではなく、年会費が実質的に無料である一般カードより審査は厳しいです。
クレジットカードの年会費は、一種の「ハードル」のようなものだと考えていただければいいのですが、その年会費を無理なく支払える人が対象なのです。

ゴールドカードの年会費は一般的なサービスを期待するなら1万円です。
また、海外ブランドのダイナースやアメックスのようなプレミアムブランドのカードは年会費が2万とか3万です。ブラックやプラチナなら10万円単位です。
しかし、このような年会費を自分で無理なく支払うことができる人でなければ審査に通らないのです。

1万円の年会費と聞いただけで拒絶反応を示す人は、ゴールドカードなどを申し込む必要がない人です。

ちなみにamazonギフト券買取にゴールドカードは必要ありません。

ゴールドカードの利用限度額は100万円を超えますが、冒頭に述べたとおり、そんな多額のamazonギフト券を一気に購入したら信販会社が不正利用ではないかと警戒して電話をしてきます。
そのようなリスクを負う必要はなく、1枚のクレジットカードで50万円程度に留めたほうがいいわけです。

つまり、amazonギフト券買取ではゴールドカードは必要なく、限られた自分の信用を複数の信販会社に分散したほうがいいわけです。

流通系カードがお勧め

このように考えると、amazonギフト券買取で利用するクレジットカードはイオンカードや楽天カードのような流通系企業グループが発行しているモノがベストチョイスだという事ができます。

もちろんゴールドカードではなく、一般カードで十分です。

これらのカードは、発行体の企業グループを利用している人にとっては利便性が高いです。
イオンカードの「お客様感謝デー」は、周囲の道路を大渋滞にするほどの大人気を誇っています。また、楽天利用者にとって楽天カードを利用しない買い物はデメリットが大きいはずです。

流通系カードに限りませんが、トヨタ車を乗り継いでいる人はトヨタカードを利用することで、5年以内の買い替えの際にポイントが新車購入の値引きとして利用できます。
ご存知の通りセゾンカードは、セゾン系列のショッピングセンターで買い物が有利になります。持っている人といない人では、同じものを買っているのに差が出るわけです。

流通系カードは、大手の場合は自社系列の中に信販会社を作っています。

そのため、年会費無料にもかかわらずサービスを充実させることができるのです。

amazonギフト券買取を考えるのであれば、流通系カードでクレジットカードのラインナップを作ることは非常に大きなメリットがあると言えるでしょう。

休眠カードにしないこと

amazonギフト券買取を実行するためには、計画性が大切であり、そのためにクレジットカードを何枚か作ることが必要です。

しかし、作ったものの使わないカードが出てきてしまいます。

とはいえ、このような「休眠カード」は信販会社にとってはお荷物です。

JCBは別として、VISAやMASTERブランドのカードは、ブランド料をカードごとに支払う必要があります。JCB以外の信販会社がJCBブランドを発行する場合も同様です。

また、休眠カードは不正利用される可能性が高いため、信販会社では警戒レベルを上げています。つまり、多額の利用をすると一発で「怪しい」と判断されて電話がかかってくるのです。

信販会社からの電話確認は結構面倒です。
本人確認からスタ-トし、何を買ったのかも聞かれます。
amazonギフト券買取のためにamazonギフト券を購入したとは言えませんから、お世話になった人に対してamazonギフト券を10万円ずつ送るというような言い訳することになります。

幸か不幸かamazonギフト券きクレジットカードでしか買えないため、あまり追及されませんが、新幹線回数券や信販会社のギフトカードをクレジットカードで購入しようとすると根掘り葉掘りという感じで聞かれます。

amazonギフト券買取などのようなクレジットカード現金化をする場合は、資金不足のため焦っていることが多いです。

そんな緊急事態に信販会社から電話確認があるなんて、考えるだけでぞっとしませんか?

毎月少額でもいいので、利用し続けることが大切です。

休眠カードは警戒される

このように休眠カードは信販会社から警戒されています。

休眠カードの中には持ち主が紛失したり、紛失したこと自体忘れているようなこともあります。
また、財布やカバンに休眠カードを入れている場合、財布やカバンを紛失した場合、常時利用しているクレジットカードは、信販会社などに連絡をしても、休眠カードは連絡をせずに放置している場合が少なくありません。

紛失後60日とか90日という信販会社の盗難補償期間内に、不正利用をされると信販会社の負担で保証する必要があります。
不正利用をされるとはいえ、保険会社に補償料相当額を請求すれば保険会社が負担をしてくれるため、別に問題ないじゃないかと言われる人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、自動車保険の自損事故を考えてみてください。
車両保険にも加入している場合、自損事故の修理代は保険会社が全額支払ってくれます。場合によってはコーティング処理もしてくれるためニコニコという場合もあるかもしれません。

しかし、翌年からの自動車保険は、保険の等級が下がるため保険料が上がります。
同様のことが信販会社の盗難保険についても言えます。

最初に盗難保険を保険会社に引き受けてもらう際、不正利用防止策について保険会社と協議をしています。甘いチェックで不正利用が増加したら保険会社の負担が増加するためです。
そのため、信販会社も不正利用の可能性が高い休眠カードは警戒しているのです。

amazonギフト券買取の際に、信販会社から電話があってamazonギフト券買取のタイミングが遅れたら意味がありません。

休眠カードにして信販会社のガードを高くするようなことは避けるべきなのです。

いきなり100万は決済させない

ゴールドカードなどの場合、利用限度額が100万を超えることは珍しくありません。

しかし、休眠カードの状態からどんな買い物であっても、いきなり100万円の利用があれば信販会社は警戒して電話をしてきます。

もし、毎月5万円程度の利用をしていて、生活用の利用をしていると判断されれば100万円の利用をしても電話がないかもしれません。
しかし、休眠カードでいきなり多額の買い物をしようとしても、信販会社が確認の電話をして、OKが出ないと決済させてくれません。信販会社によっては休眠カードの限度額を落している可能性もあります。

警戒していることは間違いありませんし、不正利用の可能性が高いことも確かなので限度額を落とすわけです。利用したいなら再度限度額を上げてほしいと言ってくるでしょうから別に問題はないのです。
ちなみにamazonギフト券買取の際に100万円の利用をいきなりすることはお勧めしていませんが、毎月の利用状況によっては電話連絡がない可能性もあります。
もっとも、金額が10万円単位の区切りのいい数字なので、警戒される可能性は高いです。

いずれにしてもamazonギフト券を100万円一気に購入することはやめた方が賢明でしょう。

少額利用の積み重ねで自分の信用もアップする

多数のカードをまんべんなく利用する事は大変でしょうが、これをすることで自分の信用を比較的容易に上げることができます。

先ほど述べた信用情報には、毎月の決済状況は登録されるものの、金額まで登録されません。
極論ですが、100円でも千円でも、毎月利用して支払期日通り支払っていれば、その事実だけが登録され続けます。

自分の信用情報を実際に見た経験がある人は多くないでしょうが、いくつもの信販会社が毎月の登録をしているペーシを見るのは壮観の一言です。信用がついたと実感できます。

このようなことをすることは難しいものではなく、締日に合わせて利用するクレジットカードを切り替えればいいのです。そして、支払を忘れないように支払口座は一つにまとめ、支払日前日に必ず残高確認をチェックすればいいだけです。

自分の生活費を日によってカードを使い分けることで、支払のタイミングがドンドンと遅くなります。
結果として自分の銀行口座に資金が滞留するようになります。

支払が遅くなるともに、その後に給料などが入ってくるため、口座残高が水増しされるのです。このことは、口座の平均残高を上げる効果もありますから銀行によっては優遇ステージの対象になるかもしれません。
もちろん、口座の平均残高が上がれば、支払日に口座残高不足になる可能性も低くなります。

このようにして、自分の信用情報がいい方向にアップデートされ続けるとともに、口座残高も上がって銀行にも信用が付きます。

将来、その銀行で住宅ローンやマイカーローンを借りようとする際の信用が上がることは言うまでないでしょう。

信販会社によっては休眠カードを更新しない

セゾンカードは休眠カードを更新しないと言われています。
考えてみれば当然の事であり、先ほど述べた通りカード一枚を管理するコストはタダではないのです。

また、年会費を完全無料にしている場合は別として、一回でも利用していれば年会費無料と言う場合は、年会費支払が発生します。
自分が知らないうちに請求が来ていて、万が一口座に残高がないタイミングだと自分の信用情報に響きます。

このような場合は、自分自身気が付かないことが多く、信販会社から連絡があって初めて気が付くことが多いです。支払不能のまま放置しているわけですから、信販会社側の対応もちょっときついです。

信販会社からの請求書は郵送かWEBかは別として必ず発行されているはずです。
見ていないのは自分の責任であり、文句を言っても仕方ありません。

冒頭に述べた通りamazonギフト券買取のためには、何枚ものクレジットカードが必要です。そのためには、クレジットカードの管理が必要です。

管理をできるだけ楽にする方法を考えることも大切ですが、もともと締日を分散して支払を遅らせるようにしてクレジットカードを申し込んでいるはずです。

自分に有利な支払サイクルになるように休眠カードを活用することも一つの生活の知恵と言えるのではないでしょうか。

固定費をカード決済にしよう

このように休眠カードを発生させることは望ましいものではなく、ある程度の金額を毎月利用し続けることが自分の信用を上げます。

そのために一番いい手段として固定費をカード決済にする方法です。
携帯電話や電気ガスのような公共料金、有料放送の視聴料などのように、毎月が発生している支払をクレジットカード払いにしてしまえばいいのです。

特に携帯電話料金は金額が大きくなるため、信販会社もキャンペーンを実施しており、追加ポイントなどのメリットがあります。
新規入会の際に携帯電話支払も同時にカード払いにすることで、キャンペーンメリットは非常に大きくなることがあります。

このような生活費は支払日が決まっています。
改めて言うまでないのですが、支払日が締日直後に到来するようなクレジットカードで支払をすることにすれば、最大支払が2か月繰延されます。

このことは、銀行口座に滞留する期間が延びることとを意味します。

先ほど述べた銀行口座残高が水増しされ、残高不足を防止するとともに、銀行によっては優遇サービスが期待できるのです。

コンビニで払っていませんか?

コンビニはいろいろな支払窓口を兼務しており、新築アパートの人気はアパートの近くかどうかが決め手だと言われているほどです。

特に店舗併設型の賃貸住宅は、コンビニが入居してくれることで入居者が一気に伸びると言われています。コンビニが1階にあれば、自炊の必要性も大型冷蔵庫の必要もなくなります。

しかし、あまりコンビニに依存しすぎることは、かえって自分の生活資金を無駄に使うことになります。
クレジットカードを持っている人であれば、先ほど述べた通り公共料金をクレジットカード払いにするだけで支払時期が延びます。

現金払いはすぐに自分の財布や銀行口座から資金がなくなりますが、クレジットカード払いにするだけでこの時期が延びるのです。
amazonギフト券買取の準備としてクレジットカードを何枚か申し込んだのであれば、このような公共料金の支払をクレジットカード払いにするだけでいいのです。

信販会社は、このような公共料金の支払をクレジットカードでしてもらいたいので、たいていキャンペーンをしています。
追加のポイントやキャッシュバックなどのメリットが大きいです。

amazonギフト券買取をスムーズに進めるためにも、このような固定費をクレジットカード払いにすることで休眠カードをゼロにするようにしたいものです。

クレジットカード払いにするメリット

このように公共料金などの支払をクレジットカード払いにするメリットは大きいです。

しかし、公共料金をクレジットカード払いにするメリットはこれだけではありません。
公共料金をコンビニで支払っていると、日ごろの忙しさから忘れてしまうことがあります。

一日程度の延滞であればいいのですが、1週間とか1カ月とか忘れると延滞金を取られることがあります。電気やガスの場合、日中留守がちで帰ってきたすぐ寝てしまうという人の場合、督促がわからないままになり、電気やガスを止められることもあります。

携帯電話の場合も同様の事が起こりえます。携帯電話を止められてしまうともっと悲劇的なことになるでしょう。

クレジットカード払いにするだけで「忘れる」という事はなくなります。自分は信販会社からの請求書だけを気を付けていればいいのです。
有能な支払アドバイザーがいるとでも考えれば、公共料金をクレジットカード払いにするメリットは大きいという事がわかるのではないでしょうか。

もちろん、将来amazonギフト券買取のためにamazonギフト券買取をそのクレジットカードで購入する際にも、十分な信用と実績を積んでいるでしょうから、問題なく実行することができるはずです。

キャンペーンにも乗りやすい

信販会社にとって、携帯電話や電気ガスと言う公共料金は、金額が大きく、かつ支払が定期的に発生するため、利用額が平均して伸びるというメリットがあります。

そのため、信販会社はかなり頻繁にこの手のキャンペーンを実施しています。

たいていの信販会社はこのようなキャンペーンは不定期に実施していますが、オリコのように新規入会時に携帯と電気代の支払をオリコにするだけで、必ず特別ボーナスポイントを付けています。

オリコに限ったことではないのですが、利用額が増加しないと手数料収入が増えないのが信販会社の宿命です。
そのため、利用をしてもらうためのキャンペーンを実施しているのですが、定期的に利用をしてもらうことで手数料が定期的に期待できるため、このようにキャンペーンを強化しているのです。

クレジットカードを休眠化させないために公共料金の支払をクレジットカード払いにするだけの事ですが、信販会社と利害が一致するためこのようなキャンペーンに乗ることができるのです。

amazonギフト券買取をスムーズに進めることができる事もあり、非常にメリットが大きな話だと言えるのではないでしょうか。

口座残高を水増しできるメリット

先ほどから述べている通り、生活費をクレジットカードで支払うことにより、支払日が遅れますから、資金が預金に滞留するというメリットがあります。

このメリットを最大化させることで、預金の平均残高が上がり、クレジットカード支払日にも安心できるわけです。

しかし、根本的なメリットとして、口座残高が多くなることは資金不足になりにくい事も意味しています。

amazonギフト券買取を実行する理由は、amazonギフト券買取により、amazonギフト券現金化をすることにあります。
便利な現金化の手法なので、資金調達したい人には大人気なのですが、先ほど述べた通り年利換算で60%程度の利率になります。

つまり、amazonギフト券買取によるamazonギフト券現金化は、最後の手段として取っておいたほうがいいわけです。
そう考えると、amazonギフト券買取をする機会が少なくなる、口座残高の水増しは非常に効果的な資金不足解消の方法だと言えるのではないでしょうか。

水増しされた口座残高は、1か月から2か月の間、信販会社が利用代金を立て替えてくれることで発生します。

一回払いであれば、当然利息は無料です。

信販会社から無利息でお金を借りていることと同じことです。

お勧めカード

amazonギフト券買取にはクレジットカードが必要ですが、どんなクレジットカードが必要かわからないという人も多いのではないでしょうか。

そのため、締日とメリットから4つのクレジットカードを例示してみます。

もちろん他のクレジットカードがamazonギフト券買取に適していないわけではありません。

あくまで大切なことは、他のクレジットカードと比べて締日や信販会社がきちんと分散されているかどうかです。

セゾンカード

セゾンカードはクレジットカード現金化では必ずと言っていいほどお勧めカードに挙げられています。

理由は、月末締めで支払日が翌々月の4日と言う点です。つまり、締日から支払日までが長いのです。
今では出光クレジットの出光まいどカードが月末締め翌々月7日払いと更に有利なカードがありますが、カードを見ていただければわかる通り、セゾン系のカードです。

セゾンカードは、セゾン系のパルコやロフト以外にも提携カードが多いです。
以前系列関係のあった西友や百貨店ではライバル関係があった高島屋のカードも提携で作っています。

また、ご存知の通り、最近まで世界的にも珍しいと言われていたアメックスのFCカードを発行しています。

支払日を極力遅らせるという意味では、セゾンカードはベストチョイスと言えることは間違いありません。

しかし、月末締めなので、月末支払の資金不足には力不足です。
月末日にamazonギフト券買取をしてもらうと、支払日は翌々月4日と1カ月強の支払猶予期間があります。

この場合、次に挙げるエポスカードを利用すれば、締日が27日なので、支払日は翌々月の27日と20日程度支払猶予期間に差が出ます。

確かにセゾンカードは締日から支払日までの期間が長いので、締日直前に買い物をして支払がすぐ来てびっくりするといことはありません。

しかし、締日の買い物はやはり不利です。月初めから月中までの資金不足はセゾンカードがベストチョイスでしょうが、月中から月末までであれば15日締めのMUFGやJCBの方がいいでしょう。

エポスカード

27日と言う変わった締日が特徴のエポスカードです。

アパホテルやシダックスとの提携カードがあるので、知っている人も多いでしょう。

カード自体は昔の「マルイの赤いカード」を引き継いでおり、カードの色も赤が基本です。

締日を4日と27日のいずれかから選べますから、自分の希望する締日にすればいいでしょう。
マルイのハウスカードなので、マルイがなければ意味がないじゃないかと言われるかもしれませんが、エポスカードのメリットは提携店が多いことであり、全国の提携店で値引きなどのメリットがあります。

多くのカードを作ってしまうと休眠カードができやすく、気を付けたほうがいいという話をしましたが、エポスカードであればその心配は少ないのではないでしょうか。
もちろん公共料金の支払用カードとしてもメリットは多いです。

マルイの店舗が近くにある人にとっては、年に4回ある「マルコとマルオの7日間」はマルイ全店で1割引きの大バーゲンです。

カード自体のサービスも単なるマルイのハウスカードと言う位置づけを超えたものがあり、ネット上のショッピングモールを経由することでポイントが貯まるサービスもあります。

日常使いでも十分メリットがあるエポスカードですが、もちろんamazonギフト券買取の際には力強い援軍になります。
27日と言う微妙な締日は、月末支払日の自営業者の方にとっては非常に心強いのではないでしょうか。

amazonギフト券買取は資金不足の際に実行するものですが、多くのクレジットカードは締日が月末です。月末締日のカードで月末にamazonギフト券買取を実行してしまうと支払が大変です。

27日が締日であるエポスカードは、自営業者にとって利便性が高いクレジットカードだと言えるのではないでしょうか。

イオンカード

20日30日のお客様感謝デーには、全国のイオン周囲の道路が通行止めになると言われます。

これこそイオンカードの威力ですが、イオンカードの10日払いという締日は、月に3回の締日を設定する場合には欠かすことができない存在です。

カード自体のメリットは改めて言うまでないのですが、イオンだけに限らず、JR各社や高速道路会社など、交通系のハウスカードとしても食い込んでいます。
カード自体はICカードなので鉄道系のICカードとして利用できる点もメリットでしょう。

他にもイオン系ではないはずのショッピングセンターや銀行との提携カードも発行しています。自分の生活圏に提携している店舗があれば、そこのハウスカードとして利用する事ができるのではないでしょうか。

イオンカードのメリットは「お客様感謝デー」だけではなく、全国のイオンで発行されているカードなので、メリットは全国で受けることができます。

10日の締日と言うカードには、セゾン系のUCカードがあります。
UCカ-ドは10日締め、翌月5日払いなので、10日締め翌月2日払いと言うイオンカードより支払日と言う面ではメリットがあります。

どちらのカードであっても、10日締めと言う希少価値があるカードなので、支払日が月中の15日と言うような事業主さんは、15日締めのカードは使えません。

そのため、10日締めのUCカードとイオンカードを1枚ずつ持っていれば、結構多額の資金需要にも対応できるのではないでしょうか。

トヨタカード

トヨタカードの締日は20日です。

20日締日のカードは、他にもありますが、ダイナースやアメックスのように年会費無料ではありませんし、そもそも審査に通るかどうかが不安になるようなプレミアムカードです。

しかし、月に3回と言う締日を設定しようとしたら欠かすことができないカードです。

トヨタカードのメリットは、トヨタユーザーに顕著ですが、5年間の有効期間と新車値引の際には1.5%の還元率になるポイント制度だと言えます。
言い方を変えると、トヨタユーザ以外にメリットがないカードだと言えます。

しかし、10日・20日・月末という3段階の締日で、万が一の資金不足に対応しようとする際にはトヨタカードは欠かせません。
5日、15日、プラス27日のエポスカードという組み合わせでもいいのですが、月末締めのクレジットカードの支払日は翌月26日であることが多いです。

この支払にamazonギフト券支払を利用しようとした場合、必然的20日前後に締日が到来するクレジットカードが必要になるのです。

トヨタカードはトヨタユーザー以外にはメリットがほとんどないと言っていいカードです。
しかし、締日を10日ごとにしたい場合には欠かすことができないカードです。

少額の公共料金の支払口座として設定し、amazonギフト券買取の際に登場していただくというパターンでしょう。

まとめ

amazonギフト券でいざという際の資金不足に対応しようとすると、必然的に多くのクレジットカードが必要になります。

そして、休眠状態にしておいても不都合があるため、何らかの利用を続けることが必要です。

その手段として有効なのが、先ほど述べた固定費の支払です。
固定費をクレジットカード支払に変更することで、預金から資金が逃げるタイミングが遅れ続けるため、結果して預金残高が水増しされるなどということを知らない人は案外多いのではないでしょうか。

クレジットカードを何枚も準備することは、管理が大変ですし、それ以前の問題として面倒くさいでしょう。
しかし、いざという時amazonギフト券買取で資金調達をすることは、資金不足会手段として非常に有効です。

また、その準備としてクレジットカードを申し込み、固定費の支払を分散させることで、資金流出を遅くすることができます。

面倒なことですが、amazonギフト券買取以外にもメリットがあるので、このようなクレジットカード選びは十分にやる意味があるのです。