クレジットカード現金化においてAmazonギフト券は非常に効率のいい換金対象物と言えます。

しかし、クレジットカード現金化は資金調達の手法ではあるものの、あまり頻繁にするものではありません。今は需要があっても実際にクレジットカード現金化が必要な際に買取をしてくれるのだろうかと言う一抹の不安はあるかもしれません。

そんな不安もAmazonギフト券の実際の需要を知ることができれば解消するのではないでしょうか。

Amazonギフト券は、世界の通販事業の王者であるAmazonで自由に利用できる金券なのです。

市場が大きければ需要も大きい

AmazonのWEBで取扱品目を見ると非常に多くのアイテムがあることがわかります。

CDやDVD、更に書籍などは、昔からAmazonに頼めば欠品はないと言われる程の信頼がありましたが、最近は食料品の販売もしています。お酒なども販売しているため重い荷物を持って歩きたくない人には朗報でしょう。
また、Amazonプライムに登録されば、多少の年会費は必要であるもののスピード配送を実現してくれるため、家庭の御用聞きとしての役割も果たすようになってきました。

そんなAmazonを賢い家庭の主婦が有効利用しようとしています。

Amazonギフト券は、Amazonで買うものだと思っている人が多いようですが、実際には額面の95%程度で購入する方法があります。このように格安で購入したAmazonギフト券はすぐに自分のアカウントに登録して買い物代金として利用できます。

こんな使い方がWEBで広がるようになり、Amazonギフト券の需要は非常に広がりました。ただ単にAmazonで使うだけではなく、換金手段として利用することもできるのです。

大手企業などでは定期的に利用者に対するアンケートを実施しています。その謝礼としてAmazonギフト券を利用する事が多くなりました。

もらった側はAmazonですぐ使えばいいのですが、人によってはAmazonで買うものが多くない場合もあります。
そんな際にもAmazonギフト券にはAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップという換金手段があります。このような金券ショップが他のルートでAmazonギフト券を必要とする人に対して格安でAmazonギフト券を提供しているのです。

Amazonギフト券の需要は拡大し、クレジットカード現金化の換金対象として信頼できるようになりました。

Amazonギフト券の需要はギフトカードとは違う

Amazonギフト券は金券なので、信販会社のギフト券と何が違うのかと思われる人も多いでしょう。しかし、両者にはいくつか違いがあります。
利用できる範囲が違うというような点は省略しますが、クレジットカード現金化という観点からすると、Amazonギフト券の方が換金をはるかにやりやすいです。

信販会社のギフトカードをクレジットカードで購入しようとすると、JCBのように販売店で購入することになりますが、ほとんどの販売代理店は現金でしか販売しません。クレジットカードでJCBギフトカードを購入できる店舗は少ないのです。
また、信販会社のWEBから購入することもできますが、申込をしてから1週間程度しないと発送してくれないようです。スピーディに資金化をする必要があるクレジットカード現金化ではあまり効果がありません。

これに対し、Amazonギフト券はAmazonのアカウントでEメールタイプのAmazonギフト券を購入するとすぐに届きます。これをAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップに再送信するだけでクレジットカード現金化が成立します。

信販会社のギフトカードも新幹線の回数券も紙の形の金券なので、金券ショップでの換金が必要です。仕事をしているサラリーマンの方にとってはちょっときつい方法ではないでしょうか。
これに対し、Amazonギフト券を換金する方法ははるかに簡単で現実的です。

Amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化が増えてきた理由です。

10万円単位の買い物をAmazonギフト券でする人

Amazonの取扱商品はCDや書籍だけではありません。液晶テレビなどの大型家電製品や高級一眼レフカメラも取り扱っています。これらの値段は10万円単位であり、当然Amazonギフト券で購入できます。

Amazonギフト券の需要が多い原因の一つが、このような10万円単位の買い物をAmazonギフト券でする人がいるためです。10万円の5%は5千円であり、値引きと考えればかなりおいしい買い物になるのではないでしょうか。

また、金額は大きくなくても食料品をAmazonで購入すると、毎回の購入額は少なくても1か月単位で考えると結構多額の買い物になります。家電製品は継続的に購入しませんが、食料品は継続的に購入するためです。

Amazonで食料品を購入する人の多くは、フルタイムで仕事をしている人です。Amazonは配達をしてくれるので、買い物に出かける必要がなくなり好都合なのです。
また、Amazonはスマホで注文できるため、お昼休みにちょっと買い物をするという事も可能です。重い荷物を自宅に運ぶ必要がないという点でもAmazonはありがたい存在です。

配送料金についてはAmazonプライムに加入すれば無料だしスピーディーな配達をしてくれます。継続的な購入需要があればお得な買い物ができるAmazonギフト券の需要が増加するのは当然のことでしょう。

こうして格安で購入することも可能なAmazonギフト券の需要が増加し、クレジットカード現金化もAmazonギフト券を換金対象としやすくなっているのです。

景品として100円単位のAmazonギフト券を使う会社

ちょっとしたアンケートで消費者の需要を掴もうとする会社が増えてきました。
アンケートと称して住所などの個人情報を集めて営業戦略に利用しようとする会社もあるでしょう。

しかし、最近の消費者は賢くなってきており、何のメリットもなければアンケートにも応じてくれません。

そのため何らかの景品が必要ですが、その景品としてAmazonギフト券が使われることが多くなりました。500円でも金券がもらえるとなればアンケートの応募数が激増するため、積極的に利用されているようです。

最近はこのようなアンケートをどこがしているかをリサーチしているWEBもあるほどですから、Amazonギフト券の需要が増加していることは間違いないでしょう。
アンケートだけではなく、クレジットカードの新規入会キャンペーンでもAmazonギフト券を使うことが増えています。従来は信販会社のギフトカードが重宝されていましたが、使い勝手が悪いので敬遠されるようになったのです。

自社でギフトカードを発行している信販会社は別として、そのような理由がなければAmazonギフト券をキャンペーンのプレゼントとして利用する事も増えています。
Amazonギフト券は、良くも悪くも「紙」ではありません。そのためEメールで送信が可能です。500円程度のクオカードを送る際にも郵送料が多少なりともかかるのに対し、Eメールなら事実上送料は無料ですし、自動送信ソフトがあれば手間もかかりません。

Amazonギフト券の需要はこんなところでも拡大し、クレジットカード現金化の一助となっています。

柔軟性の高いAmazonギフト券は換金手段も多い

このようにAmazonギフト券は利用シーンが非常に多いです。

これはAmazonギフト券が番号管理されているためであり、使い勝手がいいためです。
そんなAmazonギフト券は換金方法も多様化しています。

クレジットカード現金化を前提とすれば、Amazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップを利用する事になりますが、このような金券ショップもいくつか種類があります。
オークション形式のマッチングサイトと呼ばれる金券ショップもありますし、直接買取をしてくれる金券ショップもあります。ただし、クレジットカード現金化においては、スピーディーな換金が要求されるため買取をしてくれる金券ショップがお勧めです。

これに対し、クレジットカード現金化を前提とせず、個人間でAmazonギフト券をお金の代わりに使うケースもあります。もちろん高額の決済には使われませんが、ちょっとした飲食代の決済に景品でもらったAmazonギフト券が役に立つのです。
最近は楽天銀行がFacebookを使った送金サービスを始めていますが、楽天銀行の口座所有者同士でない限り手数料が必要ですし、手間もちょっとかかります。

これに対し、EメールタイプのAmazonギフト券でちょっとした支払の代わりにできれば簡単に個人間の資金決済が可能です。
利用シーンの多いAmazonギフト券ならではの利用方法であり、Amazonギフト券の需要を拡大させている要因と言っていいでしょう。

現金化しつつあるAmazonギフト券

このようにAmazonギフト券は利用シーンが拡大されています。
格安で購入可能という事実は、この傾向を更に上げており、Amazonギフト券を販売しているマッチングサイトは大人気のようです。

マッチングサイトにAmazonギフト券を供給しているのは、クレジットカード現金化の手段として使いたい人だけでなく、余ったAmazonギフト券を処分したい人、そしてAmazonギフト券を直接買取するAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップです。
これらの供給者があってこそ実現するAmazonギフト券の格安購入ですが、供給側からすればAmazonギフト券が一種の現金と同じ役割を果たしていると言えます。

事業をしている人の中には簿記の知識がある人もいらっしゃるでしょうが、簿記では信販会社のギフトカードや収入印紙、更には郵便切手のようなものを資産として取り扱っています。その気になければ現金と同じ効果があるというわけです。
Amazonギフト券も同じだと思いませんか?

Amazonギフト券は事業者も購入することが少なくありません。Amazonの取扱商品に事業用に使えるアイテムが増加しているためです。Amazonギフト券の格安購入により支払が5%引きでできればコストダウンに直結します。

このようにAmazonギフト券は現金と同じ位置づけをされつつあります。ただ単にAmazonの支払手段と言うだけではなく、他人に渡すことで決済手段として利用したり、換金したりすることにより資金化できるためです。

利用価値が広いためAmazonギフト券は現金と同じ

現金が現金であるためと言うとおかしく思えるのですが、財布に入っている現金が重宝されるのは、日本の人が日本銀行のお金に価値があると信じているためです。

あってもらっては困るのですが、ハイパーインフレになって物価が急騰したらお札の価値はなくなります。日本銀行を誰も信用しなくなるためです。日本でも大戦終了後にそのような事態になったことがあります。
大戦後にドイツの風刺画でリヤカーにいっぱい積んだ紙幣の山を引っ張っている絵がありました。ここまで極端な話はなかったでしょうが、似たような事態になったのです。一時期のブラジルでも同様の事態になりました。あり得ない話ではないのです。
もちろん現在は日本のお札が信用されているので、現金を支払うことで買い物をすることが当たり前のようになっています。

ではAmazonギフト券はどうでしょうか。

常識的に考えれば、Amazonギフト券はAmazonで購入して、Amazonで使う事しか考えられません。しかし、ここまでで何度も述べた通りAmazonギフト券の利用シーンはもっと広いです。
日本銀行発行の現金とまったく同じ効果があるとは言いません。しかし、Amazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップが買取をしていて、マッチングサイトで格安とはいえ販売されています。

また、Amazonのアカウントを持っている人も多いため、Amazonギフト券は額面通りの価値があると考えている人も少なくないでしょう。
Amazonはパソコンやテレビのように高額商品も取り扱っています。最近はバイクも販売しており、支払はもちろんAmazonギフト券で可能です。そのような人にとってAmazonギフト券は現金と同じと考えていいのではないでしょうか。

このようにAmazonギフト券の利用価値は広いので、Amazonギフト券自体が通貨としての価値を持ちつつあるのです。だからこそクレジットカード現金化の換金対象としてAmazonギフト券が脚光を浴びているのです。

譲渡可能なAmazonギフト券は支払手段になる

ではAmazonギフト券はどうして他人に譲渡できるのでしょうか。
Amazonギフト券は自分用に使うものとプレゼント用の2種類があります。自分用であれば自分のアカウントに直行しますから、他人に譲渡することはできませんし、そのようなことをしようとは思わないでしょう。

しかし、Eメールタイプと呼ばれるAmazonギフト券は「プレゼント」が目的です。このタイプのAmazonギフト券はメッセージを入れることができるため、本当に子どもへのプレゼントとして利用する事ができます。
もちろんAmazonギフト券の利用用途としては、資金不足の際にクレジットカード現金化の換金手段として利用する事は当然でしょう。これも「プレゼント先」をAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップにすればいいだけの話です。

このようにして「プレゼント先」を譲渡したい人にすれば、Amazonギフト券を譲渡することが可能です。Amazonが想定しているとは思えませんが、Amazonギフト券はクレジットカード現金化の手段として非常に優れているのです。
Amazonギフト券がクレジットカード現金化の換金手段として適している理由はお分かりいただけるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化手段としてもお勧め

クレジットカード現金化をするためには、換金可能性が高く、換金率がある程度高いことが条件です。もちろんクレジットカードで購入できなければ意味がありません。

この条件を満たすものを数多く上げることは簡単ですが、実際にクレジットカード現金化の換金物とするには無理があることが多いです。
信販会社のギフトカードなどについては既に述べましたが、ブランド買取店が熱心に宣伝をしているブランドバッグなどの換金率は事実上7割を切っています。これでは換金対象として適しているとは言えないでしょう。

このようなサイトでは、定価と買取表示額を比較していることが多いのです。しかし、定価は税抜きで表示し、買い取り額は税込みで表示されているので、換金率が高いと勘違いしがちですが、表示の単位が違うので実際は違うのです。

海外旅行で買ったブランドバッグなどを換金するのであれば別かもしれませんが、日本のヴィトンのお店で買ったヴィトンのバッグを換金しても高い換金率は見込めません。

これに対し、Amazonギフト券は換金率が9割程度と高いです。購入や換金が簡単なこともあり、クレジットカード現金化の手段として広まっているのです。

買う人も売る人もハッピー

Amazonギフト券はこのようにAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップが買い取り、マッチングサイトで格安で販売するという流通経路が確立されています。

このことは資金繰りに困った事業者や個人が当座の資金調達ができることを意味するとともに、Amazonギフト券を格安で買いたいという需要にも対応しています。
Amazonギフト券はクレジットカード現金化の手段として利用されることが多くなりましたが、その背景としてAmazonギフト券の需要拡大があります。そして、Amazonギフト券が現金としての性格を帯びてきたのです。

Amazonギフト券の需要拡大によって利用者のだれもが恩恵を受けるようになりました。要するに売る方も買う方もハッピーになるのです。
クレジットカード現金化と言うと暗いイメージが多いのですが、Amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化はみんなをハッピーにする効果があるのです。

Amazonギフト券を欲しがる人たち

どんな人でも買い物は安くできるに越したことはないはずです。Amazon利用者であってもそれは同じで、セールやキャンペーンには反応してしまうものです。

そんなAmazonユーザーにとってAmazonギフト券が安く買えるという事実は、セールやキャンペーン以上にインパクトがあると言っていいのではないでしょうか。Amazonギフト券をマッチングサイトなどで安く購入できることを知らない人も多いはずです。

大型家電製品などの価格を価格比較サイトでチェックしてから購入するという人は多いはずです。その中でAmazonは結構いい位置につけており、家電量販店に負けてはいません。
しかし、Amazonギフト券はそんな価格競争をぶっちぎる手段になります。5%引きでAmazonギフト券を購入すれば、他の家電量販店では太刀打ちできない安値での購入が可能になるためです。

Amazonギフト券はAmazonで買っているだけではあまり意味がなく、Amazonのヘビーユーザーでも利用者は多くありません。しかし、安く購入することが出れば話は別であり、Amazonギフト券の需要が増大します。

先ほど挙げた価格比較サイトでは一番の安値を付けているのは現金決済の通販業者です。サービスはよくないけど価格で勝負という店舗です。しかし、Amazonギフト券を5%程度の安値で購入し、Amazonで買えば同程度の価格で買い物ができます。

サービスや信頼性を比較すれば、現金決済の通販業者よりAmazonのほうが数段上手です。Amazonのヘビーユーザーだけではなく、一般の利用者もAmazon利用のほうがお得だと気が付き始めたようです。

Amazon利用者はAmazonギフト券が大好き

AmazonのヘビーユーザーはAmazonギフト券が大好きです。
懸賞やアンケートでAmazonギフト券のプレゼントがもらえるというだけで参加者が増加すると言われており、その効果は絶大です。

Amazon内で現金同様に利用できるAmazonギフト券は、マッチングサイトで格安購入が可能です。格安で購入したAmazonギフト券もAmazonから直接購入したギフト券も価値は変わらず、そのまま自分のアカウントに登録できるのです。

プレゼントなどでこまめにAmazonギフト券をゲットしたとしても、それほどの金額になるわけではなく、ほんのお小遣い程度の金額にしかならないでしょう。
しかし、マッチングサイトで格安のAmazonギフト券を購入すれば、その格安になった金額はかなりの額になります。少なくとも懸賞などのプレゼントでゲットしたAmazonギフト券の金額より大きいでしょう。

Amazonギフト券は、もともとはギフト需要を狙って発売されたもののようです。「ギフト券」という名前の通り、贈り物にすることを前提としているのです。
しかし、Amazonで利用する以上、紙の形では運用ができないため、無機質な番号管理をすることになり、結果としてEメールタイプという一風変わった「プレゼント」ができたのです。

このプレゼント需要は企業にも拡大しており、企業のノベルティ需要がクオカードや図書カードからAmazonギフト券へ変わりつつあります。ちょっと考えていただければわかると思いますが、Amazonギフト券は送料無料なのでコスト安につながるのです。
このような変化はAmazon利用者にとって大歓迎ですね。

Amazonギフト券は格安で買える

テレビのニュースを見ているとアメリカドルの価格がニュースの記事になっています。
円高になると海外旅行客は外貨を安く買えるので、お土産をいっぱい買って帰ってくることができますし、円安であれば逆の傾向になります。

Amazonギフト券を格安購入できると言われても、今一つピンとこない人が多いようですが、円高の際に外貨を買うようなものだと考えていただければ、ちょっとわかりやすいのではないでしょうか。
Amazonで1万円のAmazonギフト券を購入しても1万円分しか自分のアカウントを増やすことはできません。しかし、格安のマッチングサイドで購入すれば9,500円程度でAmazonギフト券を購入でき、自分のアカウントは1万円増加します。

海外旅行に行く際のお小遣いは10万円程度という人も少なくないでしょう。1ドル110円なら900ドル程度の買い物しかできませんが、1ドル100円なら1000ドルの買い物ができます。100ドルの違いって結構大きいと思いませんか?
Amazonギフト券を格安購入できるということも同じことを意味しています。1万円のAmazonギフト券を9,500円で購入できれば500円余分に別のAmazonギフト券を買うことができます。

格安で購入できるAmazonギフト券の存在がAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップの商売を成立させています。そして、その様な商売が成立しているからこそクレジットカード現金化をAmazonギフト券でできるのです。

Amazonギフト券を格安で買えたって自分は関係ないと考えている人も多いようですが、緊急事態に資金調達を可能にするという点でAmazonギフト券を格安で購入できるという事実は重要なのです。

企業も格安で買おうと狙っている

Amazonギフト券は懸賞やアンケートでのプレゼントとして使われることが多いと述べましたが、このことは同時に企業側の需要が増したことも意味しています。

Amazonギフト券は無期限ではなく、期限内に利用しないと向こうになってしまいますが、個人名義で購入したAmazonギフト券の有効期限が1年なのに対し、法人名義なら2年です。
どうせなら期限が長いほうがいいわけで、企業からもらったAmazonギフト券は有効期限が長いという観点からすると価値があると言っていいのではないでしょうか。

また、企業側も無条件にAmazonで購入しようとしているわけではなく、特に問題がなければ格安でAmazonギフト券を購入して販売促進として使用したいと考えています。企業の大型需要もあるのです。
格安というと何か問題があったりするのではないかと思われがちですが、番号管理されているに過ぎないAmazonギフト券なので格安であろうが、Amazonから直接購入しようがアカウントに登録すれば同じ金額として利用することができます。

気を付けるべきは有効期限だけですが、事前にチェックしていれば特に問題は起きないはずです。
企業の行う販売促進キャンペーンは、必ずしも商品購入を義務付けられているとは限らず、単にアンケートメールに返信するだけでいいものもあります。アフィリエイトサイトから申し込めば企業とアフィリエイトサイトの両方からAmazonギフト券をもらえます。

需要には供給で応えよう

このようなAmazonギフト券の需要に対して供給側として応えようとするのがAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップです。懸賞などでもらったAmazonギフト券をAmazonで使わない人が売りに来るのです。
しかし、そのような供給は非常に少量であり、Amazonギフト券の巨大な需要に応えることはできません。

現在Amazonギフト券の巨大な需要を支えているのはクレジットカード現金化による供給です。
Amazonのサイトで難なく購入することができ、メール送信をすれば送りたい人に届くというクレジットカード現金化には最適の購入方法です。

Amazonギフト券をクレジットカード現金化として換金する場合、直接買取をする店舗とマッチングサイトへの出品と2つの方法がありますが、先ほど述べた通り、急いでいることが多いクレジットカード現金化なので直接買取の方が有利です。

巨大なAmazonギフト券の需要に50万円単位のAmazonギフト券で応えることができます。暗くなりがちなクレジットカード現金化ですが、Amazonギフト券による現金化なら需要にこたえるという達成感を覚えることができます。

Amazonギフト券格安サイトは大人気

Amazonギフト券を格安購入できるマッチングサイトはWEB上でも大人気ですし、これに関する書籍も販売されているほどです。

この手のマッチングサイトを見ると、Amazonギフト券だけではなくiTunesプリペイドやWindowsストアカードやhonto電子書籍クーポンなどの電子マネーもサイトで販売されています。

しかし、一番販売量が多いのはAmazonギフト券であり、他の電子マネーは出品量も少なく、サイトも閑散としています。
この差はクレジットカード現金化で大量の供給があるAmazonギフト券と、そのような流通システムがない他の電子マネーの違いと言っていいでしょう。

Amazonは必ずしも格安でAmazonギフト券が流通していることを歓迎していないようですが、現実にAmazonギフト券に人気が集まればAmazonの取扱量も増加するので悪い話ではないでしょう。
Amazonギフト券の格安販売サイトは今日も大好評です。

そして、そのような格安販売サイトにAmazonギフト券を供給しているAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップにもクレジットカード現金化により大量のAmazonギフト券が持ち込まれています。

こうしてAmazonギフト券の流通システムが形成されているのです。

マッチングサイトは大人気だけど・・・

Amazonギフト券を格安で購入できるマッチングサイトは大人気ですが、出品しているのはAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップだと思われます。先ほど述べた通り個人の出品だけであれば他の電子マネーのように閑散としてしまうためです。

そうするとクレジットカード現金化もAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップではなく、マッチングサイトに直接出品すれば効率がいいじゃないかと考えたくなります。
先ほどから述べている通り、クレジットカード現金化をするのであれは、マッチングサイトに出品するよりAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップに売却したほうが有利なのですが、今一つピンとこない人も多いかもしれません。

一度マッチングサイトの表を見ていただくといいのですが、選ぶ人の心理としてちょっとでも安く買いたいと考えるものです。サイト側もこの心理をわかっていますから、画面を開けると換金率の低い順に表示されます。
改めて言うまでありませんが、マッチングサイトでAmazonギフト券を換金する場合、売れなければ換金できません。表示されている間は換金できないのです。

当然早く換金したいなら、換金率を低くして目立つ場所に表示してもらうことが一番です。しかし、換金率を下げると自分の手取りが少なくなり、不利なクレジットカード現金化になってしまいます。
サイトによって違いはありますが、出品手数料が必要な場合もありますから、自分が希望する換金率より低い金額しか振り込まれないことも少なくありません。

また、Amazonギフト券の価格は変動相場制なので、自分がクレジットカード現金化をしたい時に高い換金率である保証もありません。
Amazonギフト券を直接買取しているAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップは、買取率を固定しています。そのため、いつクレジットカード現金化を実行しても安定した換金が可能です。

当然換金率が固定されていればスピーディーな換金が可能です。急いで資金が欲しいクレジットカード現金化においては最適の方法と言えるのではないでしょうか。

一度買ってみましょう

もっとも百聞は一見に如かずと言いますから、一度マッチングサイトで少額のAmazonギフト券を買ってみると格安という意味が多少なりともわかるでしょう。

大体額面の95%程度で購入できますが、時期によっては90%前後の時もあります。変動相場制という意味がよくわかるのではないでしょうか。
一度Amazonギフト券をマッチングサイトで購入してみると、人気が出ている理由もわかるはずです。

そして、マッチングサイトで購入したAmazonギフト券を自分のアカウントに登録し、残高が増加していることを確認すると格安で購入できたと改めて実感するでしょう。
大人気の秘密もわかりますし、安心してAmazonギフト券をクレジットカード現金化の対象にできるとわかるはずです。

出品されるバリエーションは多種多様

Amazonギフト券は、種類がいろいろとあります。しかし、主に流通しているのはEメールタイプと言われるギフト用の一番ポピュラーなタイプです。なぜならこの方式が一番譲渡しやすいためです。

Amazonギフト券には、コンビニで購入できるシートタイプやグリーティングカードのように印刷物になったものもあります。しかし、どの形式でもAmazonのアカウントに登録する際には番号が命です。
そのため、流通させる場合には余分なものが一切ないEメールタイプが主流になるのです。

また、マッチングサイトで表示されているAmazonギフト券を見ていると、額面もマチマチであることが分かります。500円額面のものが千枚単位で大量に出品されていることもあれば、50万円という最高額面の出品もあります。
このように出品されるバリエーションも多様になっており、買いたい人の需要に応じた供給が可能になっています。

50万円なんて誰が買うのかと思われるかもしれませんが、Amazonで販売されている商品はCDや書籍だけではありません。50万円を超える大型家電製品なども販売されていますし、業務用であれば購入金額は100万単位です。

もちろんちょっとした小物を購入したい人もいますから、500円額面のAmazonギフト券にも需要があります。

マッチングサイトを実際に眺めているだけで多くのことがわかるものです。

いざという時には力強い味方になります

このように需要が多いAmazonギフト券は安定した買取が期待できます。

マッチングサイトを見ると他の電子マネーも取引対象となってはいますが、どれも取引量が少なくて閑散としています。これではいざクレジットカート現金化をしたい際に対応できない可能性が高くて意味がありません。
いつマッチングサイトを見ても取引されているAmazonギフト券はAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップで買取をいつでもしてくれます。

また、買取専門の金券ショップであれば買取率が安定しているため、いつでもAmazonギフト券の換金額を予測できます。
安定買取というと場合によっては割が悪いのではないかと言われることも多いのですが、クレジットカード現金化で一番大切なことは安定した資金供給です。資金不足の状態に陥っているからクレジットカード現金化をしているわけではないでしょうか。

資金不足の際は、どの程度の金額をAmazonギフト券で現金化することで、クレジットカード現金化で換金できるかを予測する必要があります。調達できる金額がわかれば、資金繰りをどのようにすればいいかと言う道筋もわかってくるものです。
これがわからないままやみくもに換金率のいいAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップを探し続けると、予定していた現金化ができなかったり、銀行などの締めの時間に資金確保が間に合わなかったりといった事態になる可能性があります。

Amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化では審査はありません。しかし、審査がないからとギリギリまで現金化を遅らせることは危険が伴います。

Amazonギフト券を利用してクレジットカード現金化で換金するのであれば、なじみのAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップをつくり、そこを利用し続けることが大切です。

あなたもAmazonギフト券を安く買いたくありませんか?

クレジットカード現金化において、Amazonギフト券が大きな武器になることはわかっていただけたのではないかと思います。

しかし、立場が変わればちょっとでも安くAmazonギフト券を格安で買ってみたいと思うのではないでしょうか。

先ほど述べたとおり、マッチングサイトでAmazonギフト券を5%引き程度で格安購入することができます。しかし、Amazonギフト券は変動相場制なので、時期によって価格が変わります。95%以下で買えるお得な時期もあれば、そうでないときもあります。
クレジットカード現金化をする際には、資金不足という緊急事態なので換金率よりも安定した買取の方が優先されます。マッチングサイトに出品することは賢い選択ではないと言えるわけです。

もちろん新発売のCDなどを発売日に買いたいという場合には、多少高い値段であっても、その日にAmazonギフト券を買えば価格が多少高くても格安購入は可能です。

しかし、1週間でも1か月でも待つことができれば、マッチングサイトの価格動向を見る価値はあるでしょう。クレジットカード現金化のような緊急姿態でないので、可能になる芸当と言っていいのではないでしょうか。

格安で高額商品を買うチャンス

高額家電製品は家電量販店で現物を確認し、実際に購入するのは通販サイトという人も多いようです。Amazonの価格も家電量販店より競争力があるので、価格比較サイトで確認した上でAmazonを利用している人も多いでしょう。

また、価格比較サイトを見るとAmazonより安い価格で販売している店舗もあります。現金決済専門の店舗です。
こちらはAmazonと違って信用度に差があります。親切な優良店もあれば、売りっぱなしで配送も雑な店舗もあります。しかし、一見客にその差を見分けるコツなどありません。

価格比較サイトで最低価格を提示している店舗にお客は殺到しがちですが、実情はクレームが多い問題店舗であるということは少なくないのです。

そう考えると、現金支払でマッチングサイトからAmazonギフト券を5%程度安価で購入したほうが賢明であると言えます。

ちなみにAmazonの価格と現金決済の店舗の差は大きくても1割程度、商品によっては5%程度であることもあります。Amazonギフト券を5%以上の格安で購入することができればひょっとしたら価格比較サイトの最安店舗よりお得かもしれません。

実際に高額商品を購入する際は保証が気になります。
いざとなったらメーカー保証を使えばいいのですが、Amazonならメーカー保証を超えた期間の保証も有料ですが準備しています。現金決済の店舗では準備していないサービスなのでいざという際に備えたいなら力強い味方だと言えるでしょう。

高額家電製品などを購入するのであれば、Amazonギフト券をマッチングサイトで格安購入し、そのAmazonギフト券で支払をするのが一番賢明な買い物だと言えます。

格安購入したAmazonギフト券を利用した買い物の手法は、結構有名で利用者も多いです。マッチングサイトが最近増えているようですが、当然Amazonギフト券の供給が必要です。
クレジットカード現金化においてAmazonギフト券が有望になっているのです。

百貨店共通券よりはるかにお得

同じ現金で購入する金券として百貨店共通券が挙げられます。金券ショップでも人気商品ですし、百貨店に行く前に金券ショップによってから買い物をするという人も少なくないでしょう。

どの百貨店もハウスカードを準備しており、タカシマヤのように最高1割のポイントバックをしているケースもあります。しかし、いくつもの百貨店をハシゴして買い物をしたい人にとってハウスカードは邪魔者です。
だからこそ百貨店共通券の人気が高いのですが、額面の98%から99%という高い価格は「格安」とは言えません。高還元率と言われるクレジットカードは1%程度のキャッシュバックをするため、考えようによってはそちらの方が有利ともいえます。

これに対し、Amazonギフト券は額面の95%程度で購入することができるため格安と言えます。
買いたいものにもよりますが、Amazonの品ぞろえが増加しているため、あえて混み合う百貨店に買い物に行く必要は少なくなているはずです。それより自宅のパソコンで自由にAmazonのネットショッピングをしたほうが合理的でお得と言えるでしょう。

Amazonギフト券を利用した買い物は、人気が高いと言われている百貨店共通券より有利です。そしてそのようなAmazonギフト券は需要が高くなり、クレジットカード現金化の手段として最適になってくるのです。

大手オークションサイトよりマッチングサイト

Amazonギフト券を購入する方法としてマッチングサイトより大手オークションサイトを選ぶ人が多いようですが、ちょっと危険です。

マッチングサイトは、Amazonギフト券の特徴を理解しているため、落札してすぐに代金を差し引くようなことはしません。30分間の猶予時間があるため、その間に自分のAmazonアカウントに登録して有効性の確認をすることができるのです。
大手オークションサイトでもエスクロー方式を採用しているため、有効ではないAmazonギフト券を受けとってもクレームを申し出ることができます。しかし、そのクレーム対応は基本的に出品者と落札者の間で行うため面倒です。

マッチングサイトであれば、Amazonギフト券の販売方法が定型化されているため、いわば「お試し購入」のようなことができるのです。確実に有効であることが確認できてから代金支払手続きをするため心配がありません。
そのため、Amazonギフト券を格安購入するのであれば、マッチングサイトがお勧めです。

ただし、先ほどから述べている通り、クレジットカード現金化をする際にはマッチングサイトはお勧めできません。落札されない限り代金の振込がされないので、緊急事態に対応できないという致命的な欠点があるのです。

マッチングサイトは、購入専門のサイトであると割り切って利用すべきでしょう。

次第に広がるAmazonギフト券の輪

このようにAmazonギフト券は流通経路が確保されていることがわかっていただけたのではないでしょうか。Amazonギフト券はただ単にAmazonだけで利用できるものではなく、換金手段として利用できるのです。

Amazonギフト券の利用範囲が広がっていることは、同時にAmazonギフト券を必要とする人の輪が広がっていることを意味します。
Amazonギフト券を必要としている人は、単にAmazonで格安で買い物をできるだけではなく、資金不足をクレジットカード現金化で解消しようとする人も含まれます。

このようにAmazonギフト券を中心にして、人の輪ができていきます。
別にコミュニティーサークルができているわけではありませんが、このような輪ができることでAmazonギフト券の需給が調整され、うまく市場のようなものができていくのです。これがAmazonギフト券という市場を作っていきます。

先ほどマッチングサイトでAmazonギフト券と他の電子マネーを比較しましたが、利用者も利用額も大きなAmazonギフト券は他の電子マネーと違って需要が大きいのです。
iTunesプリペイドも需要がないわけではありませんが、利用額が少額なので結局Amazonギフト券ほどの規模には市場が形成されません。需要が小さければ供給する人もいないので、結局輪が広がらないのです。

Amazonギフト券の輪は、利用額の拡大とともに大きくなります。
Amazon利用者には若い人が多く、電子マネーの利用に対して抵抗がない人が多いです。そのため、Amazonギフト券を少額の貸し借りの決済手段として利用することも可能なのです。

このようなAmazonギフト券を供給面で支えているのは、クレジットカード現金化です。次第に広がるAmazonギフト券の輪が、Amazonギフト券によるクレジットカード現金化を支援しているのです。

まとめ

Amazonギフト券は利用者が多くて人気があります。その人気を後押ししているのが格安購入できるマッチングサイトの存在です。そして、そのマッチングサイトにAmazonギフト券を供給している買取サイトはAmazonギフト券の流通に大きな役割を果たしています。

このようにAmazonギフト券の人気はAmazonギフト券自体の需要を押し上げ、そのことがAmazonギフト券をクレジットカード現金化として利用しやすい環境を作ってくれています。

クレジットカード現金化の換金対象として、Amazonギフト券はスタンダートな存在になろうとしています。