ここ数年爆発的な需要をみせるamazonギフト券の取引市場ですが、皆さんご存知ですか?

実は【アマゾン】は、amazonギフト券の売買を禁止していることを。

amazonギフト券の売買はアマゾンの規約違反

アマゾンがamazonギフト券の売買を禁止している大きな理由は、トラブルや犯罪に繋がる可能性が高いからということです。

ネット取引が主流のamazonギフト券買取は詐欺師やクレジット詐欺を助長することになります。

現に今、amazonギフト券を使った詐欺事件などが横行しております。

そのような犯罪行為を放置することは許されないというのがアマゾンの考え方です。
今や世界的な大企業に成長したアマゾンにとって、一般大衆の声は無視できません。

コンプライアンスという言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

amazonの社内で法律違反をしていないか、または犯罪を助長するような行為をしていないかは常にチェックされています。

もっとも、ある意味「掛け声倒れ」になっていることも事実です。
本気でamazonギフト券買取を禁止するつもりなら、既にamazonギフト券買取は成立しなくなっているはずです。amazonギフト券買取店も買い取ったamazonギフト券を転売しなければ商売にならないためです。

最近、amazonジャパンの年間売上高が1兆円に接近し天下の高島屋より売上が多くなったと新聞報道されていました。
これは、amazonの品揃えが充実したことも一つの理由ですが、amazonギフト券を安く購入できるマッチングサイトが増加していることも一つの要因です。

当然、amazonジャパンもこのことは知っているはずです。自社の売上拡大に貢献しているamazonギフト券買取を本気で禁止することは考えられません。

ただし、最近は特にamazonギフト券を使った詐欺事件が頻発しているため、アマゾンも重い腰を上げ始めたようです。

マッチングサイトなどを利用し取得したamazonギフト券の利用履歴のある人に、以下のような文面がメールで届くようです。

▼アマゾンからの警告メール

不正なAmazonギフト券の登録について

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。

本Eメールは、不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券の登録履歴があるお客様にお送りしています。

Amazon.co.jpが承認していない転売サイトにおいて、不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券が販売される事例の報告を受けております。未承認のサイトから購入したAmazonギフト券につきましては、トラブルが発生してもAmazon.co.jpでは一切責任を負いかねますので、ご注意くださいますようお願いいたします。下記のサイトはその一例です。

・amaten https://amaten.com/
・アマオク! https://amaoku.jp/
・giftissue http://giftissue.com/

Amazon.co.jpでは、細則の規定に基づき、転売もしくは不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券のロック(凍結処置)、および無効化を行っております。そのため、お客様に心当たりがない場合でも、詐欺の可能性により、お手持ちのAmazonギフト券が使用できなくなる場合があります。

Amazonギフト券を使用できなくなった際は、必要に応じて、ご自身で購入先または警察等、公的機関までご相談ください。また、Amazon.co.jpにて該当するAmazonギフト券の状況確認、および調査への協力はできませんのであらかじめご了承ください。

なお、不正なAmazonギフト券のご登録が繰り返し確認された場合は、警察等公的機関への報告やAmazonアカウントの閉鎖を含め、さらなる対応をとらせていただく場合があります。アカウント閉鎖の際は、その時点で残っているAmazonギフト券、Amazonポイントおよびクーポンが無効となりますことをご留意ください。

不正行為防止のため、お客様のご理解、ご協力をお願いします。

******************

このような内容のメールが送られているようです。

amazonギフト券を安く買えるサイトとして有名な【amaten】など名指しでアマゾンから否定されております。

これまで本来黙認だった一般的な売買利用者も、一部の詐欺師たちのせいでアマゾンから目を付けられるという流れになってしまっております。

ともいえ、現時点ではアマゾンも大きく問題化しているような感じですが、これはあくまでも現時点での【形】です。

まだ完全にアマゾンがamazonギフト券買取を徹底的に排除しようという事ではありませんので、安心しても良いでしょう。

 

休眠アカウントは避けるべき!?

アマゾンを利用するためには、アカウントが必要です。

当然、人によってamazonの利用頻度は違うので、中には休眠アカウントの状態という人もいるでしょう。

しかし、このような休眠アカウントでいきなり多額のamazonギフト券を購入すれば目立ちます。

どのようにしてamazonがアカウントの管理をしてるかはわかりませんが、少なくとも長期間全く利用のないamazonのアカウントで、多額のamazonギフト券購入があれば不自然だと思われるでしょう。

そのようなことを避けるためには、amazonで定期的に買い物をすることが大切です。大きな金額の買い物は必要ありません。雑誌を定期的に購入する程度でも十分だと思われます。
実際に利用しているアカウントでamazonギフト券を購入しても、よもや換金目的だと怪しまれる可能性はかなり下がります。

高額のamazonギフト券を購入することは、一般の方はないでしょうから、特にamazonのアカウントをいくつか作る必要はありません。
自分が利用しているamazonのアカウントを定期的に利用する習慣をつけるだけで十分でしょう。

ちょっとしたことかもしれませんが、これだけでもamazonギフト券購入にあたり、問題が生じないようにできます。
amazonギフト券買取をする際は、資金的な緊急事態であることが多いでしょう。そんな際に、amazonからamazonギフト券購入にあたり、確認を受けたり、止められたりすることは避けたいものです。

先ほど述べた通り、amazonギフト券買取は、amazonから警戒されていることと、信販会社からもクレジットカード現金化だということで警戒されていることは忘れてはいけません。

 

アマゾンの考える「コンプライアンス」

先ほどコンプライアンスの話をしました。世界的な大企業であるアマゾンが盗難カードの換金に使われていては世論の非難を浴びるでしょう。

amazonに限りませんが、世界的な大企業はこの手の「風評被害」を一番恐れています。

そのため「何らかの対応をしている」というボースが必要なのです。
言い方を変えれば、amazonギフト券買取は自分のクレジットカードを利用した資金地用達方法なので犯罪行為ではありません。amazonが危惧するような問題点は発生しません。

だから、問題なくamazonギフト券買取で利用したamazonギフト券が流通すれば誰も文句を言わないのです。警戒されていることは間違いないのですが、必要以上に警戒す必要はありません。
それより、注意すべきことは先ほど述べた通り、amazonギフト券買取で利用したamazonギフト券の購入代金を確実に決済することです。

amazonはamazonギフト券が転売されたとしても、それが問題になりなければ被害はありません。amazonギフト券の代金は信販会社が立替払いしてくれるためです。
しかし、支払不能になると信販会社はamazonギフト券の購入代金を回収できません。信販会社のほうがリスクは高いのです。

amazonギフト券買取は、amazonと信販会社が警戒していますが、その「取り組み姿勢」は両社で全く違うと考えていいでしょう。

バレたamazonギフト券は効力停止

とはいえ、amazonとしてもamazonギフト券買取をされているとわかってしまったら対応しなければいけません。

事情はいいろとありますが、たまにamazonギフト券買取がamazonに発覚することがあります。この場合、転売されたamazonギフト券は直ちに失効になります。

amazonギフト券買取で転売されたamazonギフト券ではこのようなことにはなりませんが、盗難カードを利用したamazonギフト券は信販会社が利用事績を照会し、amazonに通報します。

先ほど述べたとおりコンプライアンスを大切にするamazonなので、このような通報があれば直ちにamazonギフト券を効力停止にするわけです。
このようなamazonギフト券はマッチングサイト呼ばれる一種のオークションサイトで取引されますが、案外このような流通経路で入手されたamazonギフト券が販売されてしまうことがあります。

このようなamazonギフト券を買ってしまった顧客は大被害ですが、amazonは規約に従って失効処理をしているだけですし、オークションサイトは仲介だけですから何の責任も負いません。

こんなこともあり、amazonギフト券をネット上で購入することは危険だという記事がブログに出ていることがあります。中には、そのような話からamazonギフト券買取店自体が詐欺師の集合だと言わんばかりの記事もあります。
しかし、amazonギフト券買取で利用されたamazonギフト券にそのような問題が生じる要素はありません。

詐欺師まがいのamazonギフト券買取店があることは否定しませんが、amazonギフト券買取自体が否定されるようなことではないのです。

 

本音はamazonギフト券買取を歓迎している!?

先ほど述べた通り、amazonの売上拡大の理由には、格安amazonギフト券の存在があります。

amazonギフト券を最大10%程度のディスカウントで購入できるからこそ、amazonで買い物をしようとしている人が増加しているのです。

amazonが本気でamazonギフト券買取を取り締まろうとすれば、amazonギフト券を購入する際に転送するメールアドレスをチェックして、業者向けと思われるようなアドレスを利用停止にすればいいのです。

そうすれば、amazonギフト券買取店の業務はかなりやり難くなるでしよう。
しかし、実際にそのようなことはありません。今後もあり得ないと考えていいでしょう。

amazonの売上に格安amazonギフト券と呼ばれるマッチングサイト経由のamazonギフト券がどの程度貢献しているかはわかりません。
しかし、一度amazonギフト券のマッチングサイトを見ていただければ、どれほど安いamazonギフト券に人気が集まっているかはわかるでしょう。

事情が分からない人が、この手のオークションなamazonギフト券を出品しても、なかなかタイミングが合わず売れません。

そのため、プロであるamazonギフト券買取店の存在意義があるのですが、amazonギフト券の需要は大きいのです。
amazonギフト券買取は、amazonの規制があるから危険だというブログの記事が的を得ていないことはこれでお判りでしょう。

amazonだって自社の売上が拡大することはウェルカムという事です。

とにかく、amazonギフト券買取に関しては基本的に一切問題なく行える資金調達ツールですので、是非気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

問題視されているのはあくまでも詐欺師たちによる、amazonギフト券の悪用です。

これ以外の人には基本的にが害はありませんので、心配無用です。

amazonギフト券買取を行いたいという方は是非当サイトの比較ランキングなどをご参照ください。